ホワイトデーにバラを贈るなら本数による意味の違いにも注意

シェアする

ホワイトデーやクリスマス、誕生日もちろんプロポーズの際にも男性から女性へバラを贈ることがありますね。

花の種類ごとに花言葉があることはご存知だと思いますが、実は贈るバラの本数にも意味があることをご存知ですか。

また、薔薇の花の色による意味の違いもあったりします。

あなたの伝えたいメッセージにぴったりの薔薇の花束を贈ってみませんか。

スポンサーリンク
  

ホワイトデーに贈るバラの本数による意味の違い

女性にバラを贈るというのはちょっと特別な日ですよね。

言葉やメッセージカードで気持ちを伝えるのはもちろんですが、花言葉などにも気持ちを込めてみたいと思いませんか。

贈るバラの本数による意味の違いなんて聞いたことがない方も多いかもしれません。

気持ちにぴったりの意味があればその本数の薔薇のフラワーギフトにしてみても素敵ですね。

本数と意味については次のようになります。

適切な本数は渡すシチュエーションにもよると思いますが、参考にしてみてください。

  • 1本
  • 一目惚れという意味があるので、付き合い始めなどに贈ると良いですね。
    ギフトボックスに入ったバラ1輪のものなどがおすすめです。

  • 2本
  • お互いの愛情やこの世界は2人だけのような意味があります。
    二人を意識した意味ですね。

  • 3本
  • 愛しています。「I love you」の3ワードが意味の由来です。

  • 4本
  • 永遠の愛の意味です。
    日本では4という数字はちょっと敬遠されるかもしれませんね。

  • 5本
  • あなたを賛美する。英語の「 admire you.」の意味があります。respectよりも強い意味のようです。
    あなたに出会えて本当に良かったのような意味もあります。

  • 6本
  • あなたに夢中の意味。「I want to be yours.」であなたのものにしてくださいくらいのぞっこんな気持ちを表しています。

  • 7本
  • 密かな愛や実は好きでしたという意味があります。
    告白するシチュエーションに良い感じですね。

  • 8本
  • あなたの思いやりや励ましに感謝という意味です。
    応援してくれる彼女や支えてくれる奥さんへの感謝の気持ちを伝えるのに良いのでは。

  • 9本
  • 永遠の愛、永久に一緒にのような意味があります。
    これからも一緒にいようねという気持ちを伝えたいときに。

  • 10本
  • あなたは完璧という意味。
    本当にあなたは素敵ですと相手を称えたいときに。

  • 11本
  • 最愛やあなたは私の宝物の意味があります。

  • 12本
  • 私の恋人になってくださいの意味。また愛する人に12本のバラを贈ると幸せになれるといわれています。
    12本の1本ごとに次のような意味を持つといわれています。
    愛情・情熱・感謝・希望・幸福・永遠・尊敬・努力・栄光・誠実・信頼・真実

  • 13本
  • 永遠の友情…恋愛対象に贈るのは止めた方が良い本数ですね^^

  • 21本
  • 心からの愛の意味。
    あらためて愛情を伝えたい場合に。

  • 24本
  • いつもあなたを想っています。
    なかなか好きや愛してるを伝えられていないならこちらも良いですね。

  • 40本
  • 真実の愛の意味。英語の「Genuine love」ですから本気度を伝えたい場合に。

  • 44本
  • 不変の愛を誓う。
    4の並びで日本では使いにくいかもしれませんね。

  • 50本
  • 偶然の出会いの意味。
    運命的な出会いだった場合に使えるでしょうか。

  • 99本
  • 永遠の愛やずっと一緒にのような意味があります。
    追加で一本を最後に渡すという演出もできますね。

  • 100本
  • 100%の愛の意味があります。
    なかなかプレゼントされる本数では無いと思いますので思い出になりそうですね。

  • 365本
  • あなたのことを毎日想いますの意味。
    かなり本数が多くなるので、渡すシチュエーションは限られますね。

  • 999本
  • 生まれ変わっても愛しますという意味。
    特別なときにチャレンジしてみても。

    プレゼントする本数が決まったら、どんな花束にするかは花屋さんと相談すると良いですね。

    バラだけの花束にするか、他の花とのアレンジにする方法もありますし、

    外で渡す場合は持ち歩きに邪魔にならないサイズにした方が良いですね。

    薔薇の花言葉は花の色でも違う

    バラは花びらの色によって花言葉が変わってきます。

    あなたの気持ちや相手の人柄を連想させるカラーを選んでみても良いですね。

    相手の好みもあると思いますが、こちらの意味もチェックしてみてください。

  • 情熱・愛情・貴女を愛してます・美・祝福・熱烈な恋・尊敬
    c84763f6863f1aa2f004a382672fa71a_s

  • 赤い蕾
  •  
    純潔・あなたに尽くします・純粋な愛・愛の告白・若さと美しさ

  • 純潔・相思相愛・深い尊敬・純粋・純真無垢・想い出・謙虚
    1f440ac9318d96740a3af538ee1a63be_s

  • 白い蕾
  • 少女時代・愛するには若すぎる

  • ピンク
  • しとやかさ・可愛らしさ・上品・気品・温かい心・感銘・感謝・幸せ・私を信じて・優しさ
    747b8f2a4054fb149a68268ee2a20fb9_s

  • 夢かなう・不可能・奇跡・神の祝福
    3eb7fa5806c906855012cf99b5c3a782_s

    黄色の薔薇などの花言葉には注意も必要

    バラの一部のカラーにはネガティブな意味があったりします。

    そんな意味を込めてわざわざプレゼントする訳がないのですが、念のため確認しておいた方が良いですね。

    もちろんそれぞれの色にポジティブな意味もあります。

  • 黄色
  • ジェラシー・別れよう・薄らぐ愛・恋に飽きた
    2935080c2915db472c2ce10a0320cee9_s

  • 黒赤色
  • 死ぬまで憎む・化けて出る・恨み

  • ピンク系
  • 一時の感銘

  • 白いバラの蕾
  • 心にもない恋

    まとめ

    ホワイトデーにバラを贈るなら本数による意味の違いにも注意ということで、バラに込められたさまざまな意味をご紹介しました。

    日頃の感謝を伝える、愛情を伝える、プロポーズするなどいろいろなシチュエーションで贈るバラにあなたらしい意味を込めてみてはいかがでしょうか。

    スポンサーリンク