お花見何持ってく?喜ばれる差し入れ、手土産、小物など

シェアする

桜の季節には是非参加したいお花見。

参加するだけでも良いですが、ちょっとしたものを差し入れすれば気の利く女あるいは男として株が上がるかも。

お花見に持っていくおすすめの差し入れなどをご紹介します。

スポンサーリンク
  

お花見の差し入れに喜ばれるの食べ物

お花見の食べ物やおつまみは基本的には幹事の方が準備や手配にお任せで大丈夫です。

がんばって差し入れする必要はありませんが、外で食べやすいちょっとしたお菓子を持って行くのは良いのではないでしょうか。

お酒を飲めない方やそんなに飲まない女性などが参加する場合は喜ばれると思います。

お団子やお饅頭
お酒が飲めない人は花より団子とはいいませんが、乾き物だけではちょっと辛いですね。

串に刺した団子や簡単に食べられるお饅頭は食べやすくておすすめです。

クッキー、マカロンなど
焼き菓子など手でつまんで食べやすいスイーツはアウトドアの食事にぴったりです。

花見で賑わう公園の近くのデパートや商店にはお花見向けに作られたお菓子が売られているのを見かけると思います。

少し寄り道してみると良いものが見つけられるかもしれませんね。

但し、人数が多い場合は金額が高くなってしまうので、その場合は駄菓子などにした方が良いですね。

あまり立派なものを持っていくと他の参加者の方に気を使わせてしまいます。

駄菓子であれば季節限定の桜のパッケージのものなどを持っていけば雰囲気は出せると思いますし話題にもなりやすいですね。

また、お腹を減らした男子が多い場合は主食系も重要です。

サンドイッチ
簡単なハムサンドなどで十分です。
ちょっとつまんで食べるのに良いですね。

おにぎり、おにぎらず
おにぎりの具もシンプルに梅や鮭でOK。
最近はやりのおにぎらずを試してみても。

休日の花見であればちょっと準備してできるこれらも候補にしてみてはいかがでしょうか。シンプルなもので十分です。

お花見には温かい飲み物の差し入れが嬉しい

春とはいえまだ寒さも残る季節です。

特に夕方や夜の花見となるとだんだん冷えてきます。

そんな時は温かい飲み物がとても嬉しいですね。

ほうじ茶などのお茶を魔法瓶のボトルなどに入れて持っていくのがおすすめです。

場所取りの人が寒そうにしているなら何より温かい飲み物で労ってあげましょう。

自販機で買っても良いのですが、お花見シーズンになると温かい飲み物は売り切れや入れ替えで加熱待ちになることもあります。

ちなみにお湯やウーロン茶などにするとお湯割りなどの材料にされてしまい、直ぐに消費される恐れがありますのでご注意を。

スポンサーリンク

お花見に持っていく便利アイテム

その他に持っていくと良いアイテムとしては次のようなものがあります。

自分がこれがあったら便利かなというものを持って行けば他の人にも役立つでしょう。

ウィットティッシュ
お手拭として是非欲しいですね。
携帯用のものならコンパクトに持っていけます。

割り箸
幹事の方で用意するので基本的には不要ですが、家にコンビニでもらえる割り箸などが余っていたら持って行っても良いでしょう。
一緒に入っている爪楊枝が意外と役に立つかもしれません。

ゴミ袋
これも幹事が用意すべきものですが、コンビニの袋などごみ入れにできるものを少し持って行くと自分の周りのごみをまとめられます。

膝掛け
自分用ですが、寒さ対策に用意しても良いですね。
寒そうにしている人がいれば貸してあげても。
但し、お酒をこぼされたり、汚れたりする可能性があるので、それでも諦めがつくものを持って行きましょう。

ホッカイロ
こちらも寒さ対策で。
寒くなってきたら女性優先で配ってあげると良いですね。

まとめ

お花見何持ってく?喜ばれる差し入れ、手土産、小物などということでいくつがご紹介しました。

会社の花見かお友達との花見かで持っていくものも変わるとは思いますが、普通に準備されるもの以外のちょっとした隙間を埋めるようなものを差し入れすると良いですね。

ちょっとした差し入れでお花見が盛り上がったりしますから素敵な差し入れを見つけてみてください。

↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク