夜行高速バスを女性一人旅でも安心快適に過ごす方法とグッズ

シェアする

高速バス

ちょっと遠方まで旅行をしたいときに便利な夜行高速バス。

新幹線、飛行機とくらべれば格安で行くこともできますが、

女性一人旅となるとちょっと心配になることも。

高速バスを安心に快適に利用するにはどうすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

夜行高速バスに女性一人でも大丈夫?

結論から言うと女性一人でも安心して利用できます。

バス会社も女性の心配を払拭する為にさまざまなサービスを提供しています。

詳しくは後述しますが、まずは夜間高速バスを利用するメリットから。

  • 飛行機、新幹線に比べて旅費が安くできる
  • バスのグレードにもよりますが、基本的には割安となります。

    金額的に抑えることができれば旅行へも行きやすいですし、旅費が浮いた分を旅先で楽しんだりすることもできます。

  • 時間が無駄なく使える
  • 夜行高速バスであれば深夜に寝ている間に目的地まで着きます。

    現地で早朝から活動できますので、一日たっぷり仕事したり、遊んだりすることができます。

    飛行機、新幹線の場合はどうしても日中の時間を取られてしまうのでその分の時間がもったいないですよね。

    このようなメリットのある高速バスを使いたいところですが、女性一人で使うにはちょっと心配な点も。

    知らない男性と隣同士の席になったりなんてことがあると長時間の移動ですからちょっと嫌になるかもしれません。

    そんな声に答えて「女性専用車両」や「女性安心」といったサービスが提供されています。

  • 女性専用車両
  • そのままですが乗客は女性のみとなります。男性客はいませんのでその点は安心できるのではないでしょうか。

    予約を早めにしないとすぐに満席になったりしますのでご注意ください。

  • 女性安心
  • 女性の隣の席には女性しか割り当てされません。

    但し、この記述が無くても最近は殆どの夜間高速バスは後ろが女性エリア、前方が男性エリアになっていると思います。

    また余程混んでいなければ、女性の隣の席に男性が割り当てられないように調整してくれると思います。

    高速バス夜行便の選び方

    さらに快適にバスを利用したい場合はバスのタイプにも注目です。

    バスのシートタイプは「4列シート」「4列ゆったりシート」「3列(2+1)シート」「3列独立シート」「2列シート」などがあり、後ろのタイプ程快適に過ごせるでしょう。

    但し、その分料金は高めに設定されています。

    おすすめは3列独立シートです。

    両サイドを気にしなくても良いですし、シート脇のカーテンを閉めれば個室気分です。

    料金はちょっと高めとなりますが、それでも他の交通機関と比べれば安いです。

    また、バスを選ぶ際は「トイレ付き」というのもポイントです。

    トイレ付きでない場合は途中のサービスエリアへ度々止まることになり、その度に起こされることになります。

    トイレ付きなら好きな時に行けて安心ですし、睡眠も邪魔されないですね。

    予約時に座席を指定できる場合もあります。

    座席は窓側か通路側なら通路側が個人的にはおすすめです。

    窓にはカーテンが閉まっていて外は見えませんし、夜は窓側から冷気が来るので季節によっては寒く感じることもあります。

    通路側でしたらトイレに行く際も気兼ねなく移動できますので、そんな点からも通路側が快適かなと思います。

    3列独立シートの場合は真ん中のシートです。両足を伸ばすことができてかなり楽です。

    バスの予約はなるべく早めに済ませましょう。

    早めであれば料金設定も安くなっていますし、連休などが絡む場合は早めにしないと予約が取れないケースもあります。

    私はだいたい東京への高速バスは楽天トラベル(高速バス予約)で予約することが多いです。

    価格設定はかなりお得になるのですが、楽天の座席枠が決まっているので希望の便が満席になっていることもあります。

    そのような場合でも直接バスの運行会社のサイトからチェックすればまだ予約できることもあります。

    スポンサーリンク

    高速バスに持って行きたい快適グッズ

    バスの予約ができたら乗り込む為の準備です。

    初めての夜間高速バスの場合はあまり眠ることはできないかもしれません。

    私も最初はそうでしたが、一回経験すれば、次からは結構快適に利用できるようになりました。

    またバス旅を快適に過ごすアイテムも紹介しておきます。

    定番のアイテムとしては次のようなものがあります。

  • アイマスク
  • 目を塞げば寝るしかありません。周りの動きが見えないのでバックなどは盗難に注意しましょう。

  • 耳栓
  • ひそひそ話しが気になる方は用意しておくと良いかもしれません。

  • マスク
  • 空気が乾燥しますのでマスクがあった方が良いですね。咳をしている人がいると空気感染も心配です。

  • エアー枕
  • 100均でも手に入ると思います。首を安定すれば眠りやすいです。また腰に当てても良いですね。

  • 使い捨てスリッパと緩めのソックス
  • スリッパは経験上、用意されていたことが多かったです。冷え性の方は靴を脱ぐならソックスを重ねても良いかもしれません。

  • その他
  • ティッシュや軽食、ドリンクなど

    まとめ

    「夜行高速バスを女性一人旅でも安心快適に過ごす方法とグッズ」ということでまとめました。

    到着地で一日活動できるとはいえ、ろくに寝てないというのでは体がしんどいですね。

    快適に安心して夜間高速バスを利用できるように参考にしてみてください。

    ↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    スポンサーリンク