仕事中の脇汗の臭いをなんとかしたい。会社で出来る対策は?

シェアする

脇汗

ちょっと腕を上げたときに臭うワキの汗。

仕事中に気になったことはありませんか。

周りの人は平気そうなのに自分だけ汗をかいたり、

汗っかきと思われてそうとか、

不潔なイメージが付くのも嫌ですよね。

会社のわき汗はどうしたら良いでしょうか。

仕事中にできる効果的なわき汗の対策には何があるでしょうか。

スポンサーリンク

仕事中なのに脇汗の臭いが気になる

人によって汗をかきやすい部分というのはあると思いますが、腋の下というのは誰でも汗をかきやすいのではないでしょうか。

腋の下にはたくさんの汗腺があって、特に汗をかきやすい部分のひとつなんですね。ちょっと体を動かしただけで汗が出ることもありますし、精神的な緊張で汗が出ることもありますね。

ほどよい量の汗なら気になりませんが、ワキに汗染みができるほどの脇汗が出てくると臭いも大丈夫かなと心配になったりします。

自分の汗の臭いは自分自身では分かりにくいというのも面倒なところで、周りの人がどう思っているか気になるところです。汗の臭いを気にしすぎると人との距離を反射的に遠ざけたりと余計な誤解を生むことになるかもしれません。

汗の臭いが気にならないようにすることが出来ればいいのですが、まずその汗の臭いの仕組みから見てみましょう。

汗は汗腺から出ますが、汗腺には「アポクリン腺」と「エクリン腺」の二種類があります。アポクリン腺は腋や陰部付近などにある汗腺で、いわゆるワキガ臭の原因となる部分です。

アポクリン腺からは脂質やタンパク質を含む分泌物を出し、これが皮膚の常在細菌により分解され臭いの原因となります。

ワキガについては病院などでの治療もできますが、一般的な汗対策を行うことで臭いを軽減することもできます。

耳垢が湿っぽい人、親がワキガの人はワキガになり易いので気になったら病院で見てもらってもいいと思います。

また、エクリン腺は体中にあって出る汗のほとんどは水分、その為、出たばかりの汗に臭いはしません。

しかし汗の水分は皮膚の雑菌の活動を活発にし、皮膚の皮脂やタンパク質などを餌として繁殖をはじめます。この時に排出される臭い成分が汗の臭いの原因です。

腋の下は風通しも悪く、汗が乾燥しにくいといった面からも雑菌の繁殖に適しているので臭いも出やすいんですね。

脇汗の臭いを抑える方法

先にも話しがでましたが「汗が出れば臭い」というではありません。汗の水分により雑菌の活動が活発になることが問題なのです。

ということは、出た汗を拭き取ってあげることで雑菌の繁殖を抑えれば臭いを減らすことができます。

雑菌による汗の臭いは1時間から数時間後から出始めますのでその前に対処しておけば臭いを抑えることができます。

仕事中は汗をかいたなと思ったら、お手洗いで汗を拭きとりましょう。拭き取る際には乾いたタオルより水に濡らして固く絞ったタオルを使います。皮膚の水分を取りすぎるとその水分を補うためにまた汗が出てしまいます。

また、ごしごし拭くと皮膚に傷がついて皮膚の保護機能が低下します。雑菌の繁殖の原因にもなるのでやさしく拭くようにしましょう。

使ったタオルはきれいに洗って風通しの良い所で乾かして起きます。こちらも雑菌が増えますからね。

もちろんタオルの水洗いが面倒というかたは汗拭きシート、ボディーシートなどを使うのも有りだと思います。

また、拭き取りは面倒ということで汗脇パッドを使う方法もあります。

どちらかというと汗染み対策という感じですが、抗菌作用のあるものなどを使ったり、新しいものへ交換することで臭い対策にもなります。

男性用もありますので一度試してみても良いのではないでしょうか。外から見えるとちょっと恥ずかしいですが、インナーのTシャツにつけて、ワイシャツを着れば気にならないと思います。

汗の量が多い方は吸収量が見合うものを探しましょう。但したくさん汗を吸った後は臭いの原因にもなりやすいので適切な交換も必要です。

汗ワキパッドの口コミはこちらから

また汗ワキパッドの場合は毎日の取替えや、ずれたり、外れたりといった面倒なところもあります。そんな方には汗ワキパッド一体型のシャツというのもあります。

インナーと一体型の汗脇パッドは仕事中は交換できないので滅菌効果や通気性などで十分に雑菌の増殖を抑えられるかがポイントです。

汗ワキパッド付きシャツの口コミはこちらから

また洗濯しても雑菌が残っているとちょっとした汗で雑菌の活動を再開して臭いが出てしまうので衣類用の漂白剤などを使ってしっかり除菌するとよいです。

汗のひどいときはインナーシャツを着替えるというのも手っ取り早い方法ですね。あらかじめ会社に置いておくことを考えてもよいかもしれません。

また普段の生活で汗の臭い自体を軽減することができます。

食べ物は「にんにく」や「にら」など刺激臭のあるものを食べると臭いやすいというのはイメージしやすいと思います。

他にも動物性のタンパク質は分解時に出るアンモニアが汗と一緒にでてくるので汗の臭いの原因にもなります。

普段から運動して汗をかく習慣をつけたり、アルコールやたばこを控えることでも臭いを減らすことができます。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

汗かきの原因もいろいろ。目的に応じた対処方法を。
身体を正しく機能させるのに必要な発汗ですが、過剰な汗で生活や仕事に支障がでることも。 発汗の機能を正常にし快適な生活を送るために、まず...

汗を抑えて雑菌による臭いを防ぐには

前章では汗の臭いを抑える方法を紹介しましたが、もうひとつの方法としては汗の量を減らすというのもあります。

つまり、汗腺から汗を出にくくする方法です。

ただし、汗は体の体温調整という大きな役割を持っているので、全身の汗を止めてしまうと体はオーバーヒートしてしまいます。

わき汗、手汗、足汗、顔汗など汗の気になる部分には制汗剤で汗を抑える方法は即効性があります。

間違えてはいけないのは制汗剤は汗を抑えるものですから、汗が出る前に使っておく必要があるということです。

制汗剤にもよりますが、会社に行く前に制汗剤をつけておくという方が多いのではないでしょうか。

制汗剤のタイプもいろいろとありますが、スプレータイプは腋毛の多い男性の場合は腋毛に邪魔されてあまり効かない気がしますね。あくまでイメージですが。

なので、スティックタイプやクリームのものを選ぶとよいのでは無いでしょうか。女性でもクリーム状のタイプの方がしっかり塗れて効果は出やすいと思います。

制汗剤の主な機能としては発汗を抑える効果と殺菌です。

汗腺にフタをしてそこからの汗を出にくくします。出口を塞がれて出れなくなった汗は他の場所の汗腺からでますのでその点は心配はいりません。

また殺菌効果もあるので防臭の効果もかなり実感できると思います。

肌に塗るものですから、わき汗の制汗剤には肌にやさしいものを選びたいですね。

こちらのリサラは添加物も使用していないということで安心して使えます。



医薬部外品の薬用制汗ジェルということで市販の制汗剤であまり効果がなかったという方にも良い評価がされているようです。

全身の気になるところに使えますが、顔には使わないようにしましょう。顔の皮膚は薄くて傷みやすいので顔汗には体用の制汗剤は使えません。強い制汗剤だとかぶれたりする場合もありますからね。

顔汗用の制汗剤には顔汗専用に作られたサラフェがおすすめです。



顔専用の制汗剤というのはなかなかありませんから顔汗も気になるという方にはこちらを使ってみてはいかがでしょうか。

よく効く制汗剤があればぐっと気が楽になると思います。「これさえあれば安心」と心に余裕ができれば緊張からくる汗も抑えられて一石二鳥ですね。

まとめ

「仕事中の脇汗の臭いをなんとかしたい。会社で出来る対策は?」ということでまとめてみました。

会社でできることは少ないですが、汗を拭き取って雑菌の繁殖を減らすというのがやはりポイントになります。汗の量が多くてとにかく汗を減らしたいという場合は制汗剤をうまく使うとよいのではないでしょうか。

↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク