auからMNPにて転出するベストタイミングと前準備や手数料

シェアする

スマホ MNP

長らく使ってきたauのスマホから楽天モバイルに引越しすることにしました。

毎月の支払いも結構な額でしたがこれでかなり節約できると思います。

MNPで電話番号だけ引き継ごうと思いますが、転出前の準備もいろいろとありましたのでここでまとめておきます。

スポンサーリンク

auからMNPにて転出するベストタイミングはいつ

今のauのスマホは毎月9千円弱の支払いとなっています。毎年10万円くらい使っている計算ですが、現在、それほど使わないスマホなので本当にもったいないです。

4年くらい前から契約していますが見直しは一度もしたことがないんです。ずるずるとそのまま使っていましたが、今回、楽天モバイルに引越しすることに決めました。

なんといっても今のスマホがandroid4.XでポケモンGOができない。。。。

ではなくてやはり料金とネットでの買い物はほとんど楽天を使っているのでポイント面が決め手です。買い物の多かった年は1年で10万円以上のポイントがついていたこともありましたが、通常は2万~3万くらいです。楽天モバイルの契約でポイントはもっと上乗せできそうです。

とはいえ、解約による違約金など面倒なところもあります。

契約更新月以外の解約で違約金が発生します。

auの場合は契約満了月の翌月と翌々月が契約更新月となり、その期間の解約であれば違約金は発生しません。

例えば4月が契約の更新月だった場合は5月、6月に解約すれば違約金が不要です。

この期間がMNPで引越しするベストタイミングですが、2年縛りの契約の場合は1年以上待たないといけないなんていう場合もあります。

まずは自分の契約について確認してみます。

auの契約情報紹介ページにアクセスします。

スマホの電話番号とパスワードでauIDにログインします。

パソコンから初めてログインする場合はスマホのSMSに確認用のメッセージが届きます。

メッセージに付いてくるアドレスをクリックすれば二段階認証のページに移動しますので、使用するパソコンからのログインを許可します。

許可して少しするとパソコン側の画面が切り替わり、お客様情報の利用についての説明ページに移行するので「同意する」をクリックします。

これで契約情報の確認ができるようになります。

自分の場合はしばらく先だったので違約金有りでも転出することにしました。待ってたらすっかり忘れて切り替えタイミングをまた失ってしまいそうです^^

auのMNP前の準備作業

MNPの為には予約番号を貰えば良いのですが、その前にいくつか確認しておきましょう。

予約番号の有効期限は15日ですから予約番号の発行前にできるところを済ませておきます。

契約者情報の更新
MNPの際にauに登録してある情報と引越し先に登録する内容が異なると問題になることがあるそうです。

自分の場合は住所が引越し前の住所になっていたので現在の住所への変更が必要でした。ちなみに登録情報を変更してもらうと、その日のMNPの予約番号の発行はできないそうです。

貯まったauポイントの確認と消費
ある程度の期間使っていればauポイントが貯まっているかもしれません。引越ししてしまうとこれも無駄になりますから、使えるようなら使っておきましょう。

auウォレットのページからポイントの確認ができます。

auIDでのログインしたら、商品交換のページからポイントを商品に交換することができます。

私は2000ポイントくらいしかありませんでしたので、たいしたものは選べませんでしたが、スパークリングウォーターに交換してもらいました。もう少しポイント数がすくなくても交換できるものもありましたが、2000ポイントが最低ラインくらいです。
スパークリングウォーター

キャリアメール
解約により「@ezweb.ne.jp」のメールアドレスが使えなくなります。

サイトのログインIDに使用していたり、メールの送り先に設定してある場合は他のフリーアドレスなどに切り替えておきましょう。

また、住所録やメールのバックアップなども考えておく必要があります。

アプリの引継ぎ
LINEやソーシャルゲームなど必要なものについては引継ぎ方法を確認しておきましょう。

アプリによって引継ぎ方法は異なりますのでそれぞれ手順をメモしておきます。

楽天カードの発行
楽天モバイルに引越しする場合は楽天のクレジットカード(楽天カード)は必須といっても良いと思います。

スーパーポイントアッププログラムでこれだけポイントアップします。(ゴールドカードは持っていません。)
・通常ポイント 1倍
・楽天カード利用 +3倍
・楽天アプリ利用 +1倍
・楽天モバイル  +1倍

まあ、楽天カードを持っていない方は楽天モバイルに引っ越さないかもしれませんが。

カードを発行するなら週末がお薦めです。通常でも5000ポイントもらえますが、7000、8000、10000ポイントがもらえる場合もあります。

タイミング次第ですが、楽天カードを発行しようと思ったら一度チェックしておきましょう。

auからMNP転出の手数料

ここまで準備できたらいよいよMNPの予約番号を発行してもらいます。

ウェブでの手続きはできないのでauショップか電話での手続きになります。今回は面倒なので電話で手続きしました。

電話の前にメモと鉛筆を用意しておきましょう。また、自分の携帯の番号も聞かれるのでメモしておくとよいです。他に暗証番号の入力もあります。

MNP予約番号受付:0077-75470(通話無料)
(受付時間は年中無休9:00~20:00)

電話をすると最初は自動音声です。MNPの申し込みであること、電話した端末が対象であることなどの確認があってからオペレーターに電話が繋がります。

しばし引き留めのトークにお付き合いして、手数料などの説明があってMNPの予約番号を発行してもらえます。

自分の場合は住所変更もあり2回電話することになりましたが、前回の引継ぎなどもしっかりしていましたし、オペレーターの女性の対応もきちんとしていてそこはとても良かったです。

転出にかかわる費用としては次のようになりました。(税抜き)

手数料 3000円
違約金 9500円

違約金は2年縛りによるものです、1年縛りの場合は3000円になると思います。

ちなみに楽天モバイルへの転入時にも同額くらいかかるようです。

合計1万7千円くらいかかりますが、引越しにより毎月4千円以上安くなりそうなので、更新月まで待つよりはすぐ切り替えた方が金額的にはお得でした。

それと引き留めトークの際に機種変してくれるなら1万数千円のクーポンを発行できるという提案もあったので、機種変を考えている場合でも電話しても良いかもしれませんね。

最終的にはUQモバイルの提案もありましたが、auの回線を使っているからでしょうか。楽天モバイルはドコモの回線のようですね。

これでMNPの予約番号を取得するところまでできました。

この番号をもって次は楽天モバイルの契約です。こちらはまた別の記事にまとめたいと思います。

ちなみに楽天モバイルの契約は自己アフィリにするとちょっとお得にできます。


まとめ

「auからMNPにて転出するベストタイミングと前準備や手数料」ということで契約の確認方法や手続きについて紹介しました。

違約金の掛からない月は気づかない内に過ぎてしまいがちなので一度確認してみてはいかがでしょうか。

MNPで転出されるかたはポイントの消化やメールの手続きなど忘れないように注意したいですね。

↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク