会社宛のお歳暮へのお礼状の送り方。書き方や例文を紹介

シェアする

年末になるとつきあいのある取引先、お得意様からお歳暮をいただくことがあります。
会社宛てのお歳暮を受け取った際のお礼状の書き方などについて、例文とともにご紹介します。

スポンサーリンク

会社宛てに届いたお歳暮にお礼状は必要?

会社宛てのお歳暮は送り主からの感謝の気持ちと今後のビジネスも円滑にという気持ちの現れでもあります。

贈られた側としてもその気持ちに答えられるよう失礼の無いように対応しましょう。

お礼状を送ることで、

  • お礼の気持ち
  • お歳暮が届きました

ということを相手に伝えることができます。

お歳暮を頂いた場合には、2,3日以内になるべく早くお礼状を出しましょう。

お歳暮のお礼状の書き方

正式にはお礼状は手書きで縦書きの手紙ですが、印刷でも、横書きでも、はがきでも問題はありません。

いちばん重要なことは、早くお礼の気持ちを伝えることです。

お礼状は概ね以下の内容を含むように書きます。

  • 送り主の会社名、社長名(部門長名)
  • 挨拶の言葉
  • お歳暮を頂いたお礼と感謝の言葉
  • 相手の健康や息災を願う言葉
  • 日付
  • 自分の会社の住所、連絡先
  • 自分の会社名、社長名(部門長名)

お歳暮のお礼状のビジネス用例文

ここではいくつかお礼状の例文を紹介します。会社の規模や担当者間の関係など文章も違ってくると思います。しっくり来る文例を参考にしてみてください。

例文1

拝復 師走の候 貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびはたいそうなお歳暮の品を届けていただき、誠にありがたく、
お礼申しあげます。今後ともご厚誼のほどお願い申しあげます。

まずはとりあえずお礼まで。
敬具

例文2

拝啓

師走を迎え、慌ただしい日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

この度は、大変素敵なお品をいただきありがとうございました。
家族共々大変喜んでおり、おいしくいただいております。
細やかな心配りに感謝の気持ちでいっぱいです。

まだまだ寒い日が続いていますが、お体に気をつけてご自愛下さい。
取り急ぎお礼をさせていただきたく、お便りいたしました。
ありがとうございました。
敬具

例文3

拝啓 例年になく厳しい寒さがつづいておりますが、貴社ますますご清栄の由、お喜び申しあげます。

さてこのたびは結構なお品をお送り頂きましてありがとうございました。
有難く拝受させていただきます。御芳志誠に有難く、厚く御礼申し上げます。

寒さはこれからが本番でございます。皆様どうぞご自愛くださいませ。
略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。

敬具

例文4

拝啓 師走の候 貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さてこのたびは結構なお品をお送り頂きましてありがとうございました。
早速一同で有難く頂戴いたしました。これからもご信頼にお応えできるよう誠心誠意努力してまいる所存でございます。
何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

寒さはこれからが本番でございます。皆様どうぞご自愛くださいませ。
末筆ではございますが、貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。

敬具

例文5

拝啓 師走の侯 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さてこのたびは結構なお歳暮の品を賜り、誠にありがとうございます。ご配慮に恐縮するとともに心よりお礼申し上げます。

貴社のますますのご発展をお祈り申し上げますとともに、今後いっそうのご交誼のほどをお願いいたします。

まずは略儀ながら書面にてお礼申し上げます。

敬具

まとめ

いかがでしたでしょうか。お歳暮のお礼状とはいえ会社の対応として恥ずかしくないようにきちんとお送りしましょう。

複数社へのお礼状をまとめて書くこともあるでしょうが、宛先、お名前など間違わないようにご注意ください。

スポンサーリンク