秩父夜祭の本祭(12月3日)を車で見に行く

シェアする

毎年20万人近くの人で賑わう秩父夜祭。そのクライマックスともいえる本祭は大変な盛り上がりですが、その分、混雑も相当なものです。

秩父夜祭 本祭を車で見に行こうという場合は事前に現地の情報をしっかりと押さえておく必要がありますので、今回はそのあたりをまとめました。

スポンサーリンク
  

秩父夜祭の本祭を車で見に行く

秩父夜祭は秩父の例大祭の夜間行事です。毎年12月の2日と3日の2日間にわたり開催されますが、その内3日が本祭と呼ばれます。

※2日の前夜祭 宵宮に行ってみようかというかたはこちらの記事をご覧ください。
秩父夜祭の宵宮(12月2日)を車で見に行く

本祭ではいよいよ本格的に山車が繰り出され、迫力のある曳き廻しを見ることができます。

また、屋台歌舞伎なども演じられてお祭りもどんどん賑やかになってきます。

夜には団子坂の曳きあげ、花火とさらにクライマックスに向けて盛り上がってきます。

秩父夜祭の花火などのプログラム予定

今年は秩父夜祭 本祭が土曜日になりますので、多くの人でかなり混雑すると思います。

いろいろと動き回って見るのは大変だと思いますのである程度、ターゲットを絞って行くと良いと思います。

開催場所

開催日 2016年12月3日(土)
場所 秩父神社周辺
住所 埼玉県秩父市番場町1-3
電話 0494-25-5209(秩父市役所観光課)

イベントスケジュール

笠鉾・屋台曳き廻し 9:00~翌未明 市内
郷土料理・土産品即売 9:00~23:00 道の駅ちちぶ
屋台曳き踊り 9:30~13:00 秩父神社~宮側・本町・中町・上町通り
屋台芝居公開 11:00~14:00 ベスト電器ヤオ秩父駅前
おねり(歌舞伎道中) 15:00~16:00 矢尾百貨店~中町・本町・上町会所~矢尾百貨店
秩父歌舞伎公演 16:30~ 八尾百貨店第1駐車場
競技花火・スターマイン大会 19:30~22:00 羊山公演
スポンサーリンク

秩父夜祭の本祭で使える駐車場や混雑状況

12月3日は臨時駐車場は有料となります。普通車・二輪車は1台500円です。

臨時駐車場は次の場所が利用できますが、混雑が予想されますので早めに到着するようにしましょう。午後はさらに観光バスなども増えてきますので、午前中に着くようにたいですね。

また本祭当日は祭り会場周辺の車両通行止め区間があり、その分、渋滞なども起こりやすくなります。

お薦めは道の駅ちちぶ裏です。花火を見るのにも良い場所なので早めに行って駐車しましょう。羊山公演は入場禁止になるので、上野町交差点から公園に向かう道路沿いから見ても良いです。

当日の臨時駐車場の空車情報は秩父観光なびで確認してみてください。 

臨時駐車場

宮地グラウンド 9時~24時 秩父市上宮地町35
道の駅ちちぶ裏 7時~24時 秩父市大宮4625
南小グラウンド 7時~24時 秩父市野坂長2-14-29
二中グラウンド 9時~24時 秩父市上町3-13-48
花の木小グラウンド 7時~24時 秩父市上町2-21-37
西小グラウンド 7時~24時 秩父市金室町9-46
秩父アミューズパーク 9時~24時 秩父市久那637-2

※秩父アミューズパークはシャトルバス利用になります。

★秩父の観光スポットはこちら【楽天旅ノート】★

まとめ

大変な賑わいを見せる秩父夜祭ですが、冬の秩父はかなり冷え込みます。しっかり厚着をして寒さ対策を十分に準備してから出かけましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク