中学生の書き初めにおすすめの四字熟語を厳選!

シェアする

勉強、部活といろいろと忙しくなり、また高校受験などもひかえて迷走しがちな中学校生活。そんな時こそ「書き初め」でその年に進む方向をしっかりと定めてみませんか。
今回は中学生の皆さんにおすすめの四字熟語をピックアップしました。

スポンサーリンク
  

中学生の書き初めにおすすめの四字熟語

まずはオススメの四字熟語です。主に生き方や個性、人間性に関する言葉になります。

今の自分、未来の自分を想像しながら選んでみてはいかがでしょうか。

  • 真実一路(しんじついちろ)
  • 偽りのない真心を持って一筋に進むこと。
    まっすぐに正直に正義をもって生きたい、そんな想いを込めてみては。

  • 大器晩成(たいきばんせい)
  • 大きな器は完成するまでに時間がかかることから、真に偉大な人物も大成するのが遅いということ。
    今の自分に満足できなくても、成長して大きくなった自分を想像してみては。

  • 才色兼備(さいしょくけんび)
  • すぐれた才能と美しい容姿の両方をもっていること。
    頭も良くて、きれいな大人の女性を目指すなら。

  • 前途洋洋(ぜんとようよう)
  • 今後の人生が大きく開けていて、希望にみちあふれているさま。
    このまま大きな問題も無く、希望を持って前にすすみたいという方に。

  • 質実剛健(しつじつごうけん)
  • 中身が充実して飾り気が無く、心身ともに強くたくましいさま。
    硬派なイメージで、強くありたいと願うなら。

  • 心機一転(しんきいってん)
  • 何かをきっかけにして、気持ちがすっきり変わること。
    新年にもふさわしい言葉。新たな気持ちでがんばりたいという人に。

  • 十人十色(じゅうにんといろ)
  • 考え・好み・性質などが、人によってそれぞれに異なること。
    人の個性も認め、自分の個性も認める。自分らしく生きたいと思ったら。

  • 誠心誠意(せいしんせいい)
  • 打算的な考えも持たず、まごころこめて相手に接する心をいう。
    損得で行動せず、友人とのつきあいも心のあるものにしたいと思うなら。

  • 臨機応変(りんきおうへん)
  • 状況に応じた行動を取ること。場合によって、その対応を変えること。
    融通が利かず、行動が止まってしまう、そんな悩みがあるならこれを。

  • 虚心坦懐(きょしんたんかい)
  • 平静に事に望むこと。また、そうしたさま。
    あわてんぼうで失敗しがち、今年は落ち着いて行動したいなら。

  • 切磋琢磨(せっさたくま)
  • 友人同士が互いに励まし合い競争して合って、共に向上すること。
    親友、ライバルがいて共に成長したいと思っているなら。

    中学生の目標達成に向けた四字熟語

    勉強、部活、そして受験とさまざまな目標もあるのではないでしょうか。
    目標達成に向かってどのように進んでいくか、あなたにぴったりの四字熟語を見つけてみては。

  • 一念発起(いちねんほっき)
  • それまでの考えを改め、あることを成し遂げようと決意し、熱心に励むこと。
    去年までの自分を反省し、新たな決意で進もうと考えるなら。

  • 初志貫徹(しょしかんてつ)
  • 初めに心に決めた志を最後まで貫き通すこと。
    これまで続けてきたことを挫けずにこれからも続けようと思うなら。

  • 百折不撓(ひゃくせつふとう)
  • 何度の失敗にもめげずくじけず挑戦すること。
    失敗してしまったけど、まだまだがんばりたいという想いで。

  • 意志堅固(いしけんご)
  • 物事をやり抜こうとする心がしっかりとしていること。
    強い意志をもって、今やっていることを最後までがんばろうと思うなら。

  • 困知勉行(こんちべんこう)
  • 才能に恵まれない物が発憤し、ひたむきに努力を重ねること。
    自分に才能があるかどうか分らないけど、これからも努力していきたいと思うなら。

  • 不言実行(ふげんじっこう)
  • あれこれ言わず、黙ってなすべきことを実行すること。
    言い訳もせず、文句も言わず黙ってやるべきことをやろうという意思で。

  • 一致団結(いっちだんけつ)
  • 多くの人がひとつの目的のためにまとまること。
    団体競技などで目標に向かって皆でがんばろうと思うなら。

  • 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  • 本気で勝ち負けを争うこと。また、本気で事に当たること。
    真剣に本気で対峙したい試合や試験などの目標にむけて。

  • 日進月歩(にっしんげっぽ)
  • 日ごと月ごとに絶えず進歩すること。
    日々、こつこつとやっていくことで目標を達成したいという想いを込めて。

  • 磨斧作針(まふさくしん)
  • 惜しまずに努力を続ければ、困難なことでも必ず成就することのたとえ。
    難しい目標でもそれに向けて努力し続ける誓いとして。

  • 緊褌一番(きんこんいちばん)
  • 難事などを前に心を引き締めて物事に取り組むこと。
    ここ一番の大事な節目に心を引き締めるために。

  • 不撓不屈(ふとうふくつ)
  • 強い意志をもって、どんな苦労や困難にもくじけないさま。
    簡単にくじけない、あきらめない、そんな心を持ちたいと願うなら。

  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  • 恐れることなく、自分の目的・目標に向かって、ひたすら前進すること。
    大きな目標、初めてのチャレンジ、恐れずに向かって行きたいなら。

    スポンサーリンク

    四字熟語でかっこいい書き初めを書く

    中二病と呼ばれてもいい。中二だから…ではないですが、なんとなくかっこいい響きの四字熟語を集めてみました。好きなものを選びましょう。

  • 明鏡止水(めいきょうしすい)
  • 邪念が無く、澄み切って落ち着いた心の形容。

  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん)
  • 勇ましくて力強く、決断力のあるさま。

  • 電光石火(でんこうせっか)
  • 動作が、きわめて速いこと。すばやいこと。

  • 行雲流水(こううんりゅうすい)
  • 深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動するたとえ。

  • 天下無双(てんかむそう)
  • 天下に学ぶ者がいないほど、すぐれているさま。

  • 森羅万象(しんらばんしょう)
  • 天地間に存在する、数限りないすべてのものや事象。

  • 花鳥風月(かちょうふうげつ)
  • 自然の美しい景色。また、自然の風物を題材とした詩歌や絵画などをたしまむ風流にもいう。

  • 難攻不落(なこうふらく)
  • 攻めることが困難で、なかなか陥落しないこと。

  • 一騎当千(いっきとうせん)
  • 群を抜いた勇者のたとえ。また、人並みはずれた能力や経験などのたとえ。

  • 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  • いろいろの花が咲き乱れること。転じて、秀でた人物が多く出て、すぐれた立派な業績が一時期にたくさん現れること。

  • 完全無欠(かんぜんむけつ)
  • 欠点や不足がまったくないさま。完璧なさま。

    まとめ

    中学生向きということで、やや難しい漢字も含むものも選んでみました。

    四字熟語は4文字の中にストーリーがあり、中学生ならその中からさまざまなイメージも膨らますことができると思います。自分はこうありたいというものがあれば書き初めにしてみてはいかがでしょうか。

    小学生向けの書き初め記事もあります。
    新年を書き初めでスタート 小学生におすすめの四字熟語

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    スポンサーリンク