兄弟への引越し祝いの相場とのし袋の書き方、お薦めのプレゼント

兄弟や親族など身近な人がマンション購入や家の新築となればお祝いしてあげたいですね。

引越し祝いか新築祝いも贈りたいと思うのですがいくらくらいが相場になるのでしょうか。

相場からのし袋の書き方など引越し祝いの贈り方についてまとめました。

スポンサーリンク

兄弟姉妹への引っ越し祝いの相場は?

マンションや家の購入となると一世一代かもしれない大きな買い物です。

ローンはまだ残ってるかもしれませんが、この門出を是非、お祝してあげましょう。

新居では新しい家具など何かと物入りですから、現金を送るのが良いと思います。

新居への引越し祝いとしてはいくらくらいが相場なのでしょうか。

自分との関係や付き合いの程度にもよりますが、一般的には次のようなところになります。

兄弟姉妹 1万~5万円
親類 1万円~3万円
友人・知人 5千円~1万円
会社の同僚 5千円~1万円

懐具合もありますし、他にプレゼントもあればそれも考慮して決めれば良いです。

それでは引越し祝いはどのように贈れば良いでしょうか。

引越し祝いののし袋の書き方

引越し祝いに現金を包む場合はのし袋を使いましょう。

親族であればいらないと考えるかもしれませんが、のし袋、祝儀袋にはお祝いの意味がありますので是非使ってください。

のし袋は紅白の水引き(蝶結び)の付いたものを使用します。

蝶結びは簡単にほどけることから何度でもお祝いしたいお祝いに使われます。七五三や成人式、もちろん新築祝いなどに使用される水引きです。

結婚式などでは簡単にほどけない「結び引き」の熨斗袋が使われます。

さて、熨斗袋の表書きにどのように書くかですが、新築(家、マンション)を購入した場合は新築祝い、中古の家、マンションへの引越しの場合は引越し祝いを書きます。

ちなみに中古物件でもリノベーション物件の場合は新築祝いとするようです。

ということで、表書きの上段には次のように書きます。

・新築祝いの場合
「祝御新築」「御新築祝」「新築御祝」

・引越し祝いの場合
「祝御新居」「御新居祝」

どちらかはっきりしない場合は単に「御祝」だけでも大丈夫です。

下段には送り主の氏名を書きます。

表書きには筆か筆ペンを使って書くようにしてください。

引越し祝い

次に内袋ですが、こちらには表に金額、裏に住所、氏名を記載します。こちらはボールペンで買いても良いです。

中に入れるお札は予め新札を用意しておきます。

お金は入れ忘れやすいので先に入れておいてから書き始めるのがおすすめです。

現金を入れる時にはお札の向きを揃えて、表面の顔が印刷されている方が上に来るように入れます。

金額の書き方は金○萬円などと書きますが、数字は漢数字で壱、弐、参、伍というように書きます。

四万円は縁起をかつぐ人は気にされるので止めておいた方が良いかなと思います。

中袋

のし袋に現金の入った中袋を入れたらのし袋を畳みます。

お祝いの場合はこの時、折り返した下側が上に重なるように畳みます。

熨斗袋裏

引越し祝いを贈る場合は引越しから1ヵ月以内を目安にしてください。

お披露目会などが予定されていればその時でも良いですね。

引越し祝い、新築祝いを渡す際には他の人に見えないようにささっと渡すようにした方が良いでしょう。

用意して来なかった人がいるとちょっと気にされるかもしれませんからね。

スポンサーリンク

新居への引越しのプレゼントは何がおすすめ?

現金より何か贈り物したいという場合にはどのような物が喜ばれるでしょうか。

その前にこれはダメというNGプレゼントについてです。

まずライター、灰皿、ストーブなど火を連想するものはプレゼントしてはダメです。

また、絵や壁時計など壁に穴を開ける必要があるものもNGと考えましょう。

それ以外でしたら相手に合いそうなものを選べば良いですがインテリアなどは家の中の様子が分からないので選びにくいですね。

殺風景になりそうなら華やかさが出せるものを、部屋数が増えるならそこに必要になりそうなものなどを選んでみても良いでしょう。

無難なところであげれば次のようなものがあります。
・花
・花瓶
・置時計
・観葉植物
・洗剤、石鹸
・タオル
・バスマット

また何が欲しいか分からないという場合はギフトカタログという手もあります。


これでしたら好きなものを楽しく選べるので喜んでもらえそうですね。

まとめ

「兄弟への引越し祝いの相場とのし袋の書き方、お薦めのプレゼント」ということでまとめてみました。

熨斗袋を用意してとなるとちょっとだけ面倒に感じるかもしれませんが、のし袋を使えばよりお祝い感が出ると思いますので使ってみてください。

↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク