ハイチオールcが何故二日酔い対策?飲み方に注意は必要?

ハイチオールCで二日酔い予防

最近、すっかりお酒に弱くなってしまいました。歳も歳ですからこんなもんなんでしょうか?

もともとお酒と一緒にお水やウーロン茶を並べて飲むようにしていますが、

それでも飲みの次の日はお酒が残ることが増えてきて大分疲れるようになってきました。

そんな私は今、こんな感じで二日酔い対策をしてます!

スポンサーリンク

ハイチオールcを飲んで二日酔い対策

はい、件名にもありますが二日酔いには「ハイチオールC」がオススメです!

「シミ、ソバカスにハイチオールC」なんてテレビCMで聞いたことがありませんか?

美容の薬だと思っていましたが実は二日酔いにも効果があるんです。
お酒の酔いの原因はアルコールが肝臓で分解される際に発生する「アセトアルデヒド」です。

個人差がありますがこのアセドアルデヒドの代謝能力を超える量のアルコールを摂取してしまうと、強い吐き気や頭痛などの症状が出たり、そして二日酔いなんかになってしまうのです。

ハイチオールCに含まれる「L-システイン」という成分はアルコールを無害な物質に変える酵素の働きを助けてくれます。

そのためハイチオールCは二日酔いにも効果があるということなんですね。

二日酔いを予防するために効果的な飲みかた

ハイチオールCプラスの用法・容量は成人(15歳以上)で1回2錠を1日3回となっています。

もともとアルコールに弱い方や二日酔いを予防したいという場合は飲み会前に2錠を服用すると良いです。

さらに飲みすぎたなという時は寝る前に2錠を追加で飲んでおきましょう。

普通はこのくらいで十分だと思いますが、飲み忘れたときや翌日の朝辛い時は朝に2錠飲んでから出勤ですね。

基本的に多く服用しても過剰分は尿として排出されるので過敏症でなければ副作用はほぼありません。

逆に言うと沢山飲んでも余分な分は体外に排出されますので、無駄になりますよ(^_^;

スポンサーリンク

急な飲み会に備えて薬を常備しておこう

二日酔い対策に心強いハイチオールCですが、急な飲み会となれば先に飲むことができないかも。

ということで少しだけ携帯しておくと安心ですね。

特に飲み会の機会が多い方はきっちり準備しておきましょう。

女性向けの薬というイメージが強いので男性は買いにくいかもしれませんが、通販でも購入できます↓↓

ちなみに男性向けに黒いパッケージにした同じ成分の「アルケシクール」という薬も販売されてたようですが、現在は製造中止になっているみたいですね。

ハイチオールCを携帯するならピルケースに入れておくといいですね。まあ入れ物は何でも良いのですが、こんなのもあります。

まとめ

二日酔い対策としてハイチオールCをご紹介しました。

飲み会の次の日もしっかり仕事ができるよう、体調管理の一環として薬も併用してはいかがでしょうか。

なにはともあれ飲みすぎ注意!