台風の強風から鉢植えを守るベランダのバラなど鉢の固定や枝折れ対策

台風からベランダの鉢植えを守る

趣味で鉢やプランターなどにお野菜やガーデニングなどをしている方は、台風の時期は嫌なものですよね。

大切に育てていた野菜や鉢植えの木々が台風によって被害にあってしまうと、悲しくなってしまいます。

アパート暮らしですと、鉢植えなどはベランダに置いている方がほとんどだと思います。

そのままにしておくと、台風によって倒れたりするのは容易に想像がつきます。

さらに、鉢植は飛ばされてしまうとかなり危険です。人に当たれば怪我をさせるかもしれませんし、ガラスにぶつかれば割れてしまうかもしれません。

そのようなことを防ぐための、台風対策、暴風対策をご紹介します。

スポンサーリンク

鉢植えは台風に備えてしっかり固定を

誰でも思いつくことですが、台風が近づいてきたら鉢植えは室内にしまうというのがあると思います。

小さい鉢植えは簡単にしまうことができますが、一人暮らしのアパートの場合などは室内が狭く置き場所がないということもあります。

大きい鉢やプランターだと重くて移動も大変です。背の高い植物なら室内に入れる事もできません。そのようなときは何かにくくりつけて紐でしばるのが良いでしょう。

アパートならベランダの柵にくくりつけて固定するのが簡単です。

台風時に鉢植えを外に置いておくと、風や雨でぐちゃぐちゃになってしまうかもしれませんが、室内に入らないのであれば飛ばされるよりはよいでしょう。

鉢植えが大きい場合、鉢植え同士を紐でしばるとかなり固定できます。重量があるので飛ばされにくくなります。これはかなり良い方法でしょう。

また、鉢を固定しても強風で幹が折れてしまう心配があるときは、いっそのこと鉢ごと倒しておくという方法もあります。

私も何度か鉢植えを倒す方法を試しましたが、オリーブの木のような枝がしなる木などであれば、風の強い間だけ倒していても大丈夫でした。土が多少流れる可能性があるのでその点は想定しておいてください。

また、少しでも台風の被害から守るために、鉢植え全体ををネットで覆う方法もあります。

スポンサーリンク

バラの鉢植えを台風から守る

バラの鉢植えって綺麗ですよね。好きな色のバラを植えて楽しむことができる方ってすばらしいと思います。

そんなバラの鉢植えをどうにかして台風から守りたいですよね。その方法をご紹介します。

バラが咲いている鉢植えなら、枝から切って花瓶に移しましょう。3,4輪咲いていたらかなりきれいな花瓶になります。

台風の雨、風にさらされて、せっかくのバラの花が散ってしまうくらいなら、花瓶に移して楽しみましょう。

もう一つ、バラの鉢植えを守る方法として、フラワーガードというものがあります。

枝が広がって暴れる植物の形を整えるために使われるものですが、強風による枝折れを防ぐのにも役立ちます。

使い方は、鉢の渕にそってフラワーガードを挿し入れるだけです。大きさも何種類かあるので、ホームセンターの園芸コーナーなどで聞いてみるとよいでしょう。

最近の集合住宅も雨戸やシャッターをつけない住宅が増えています。台風で心配なのはガラスです。雨戸が無ければ直に雨や風が当たりますし、飛んできた物でひび割れや割れたりしないか心配です。このような場合に備える対策についてご紹介していきます。

まとめ

台風は私たちの生活を一変させる力をもっています。たった1日で全く違う景色になり、川の流れも変えてしまいます。鉢植えごときと思わずに、台風を決して甘くみないことが大切です。

鉢植え一つでも凶器になることを念頭において、台風が近づいてきたら早め早めに準備を始めてください。

食料などの確保でも忙しくなると思いますが、アパートの周り、ベランダのまわりのゴミやスリッパも片付けましょう。思わぬゴミなどが排水溝につまってベランダに水があふれるおそれもあります。

普段、働いていて一人暮らしですと、家のまわりには無関心なことが多いと思います。休日を利用して、危ない物は近くにないかなど自宅の近所を見るのもよいと思います。

台風が去ったあとは、鉢植えやプランターはもとに戻して様子をみてあげてくださいね。