口周りの乾燥にワセリンは効果あり?乾燥によるかゆみを防ぐ方法

口周りの乾燥にワセリンは効果あり?乾燥によるかゆみを防ぐ方法

口周りの乾燥に

最近は、夏もクーラーの部屋にいることが増えて肌が乾燥してくることがあります。

冬はもちろん外も乾燥している上に、部屋も暖房していると空気が乾ききって肌がガサガサしてきますよね。

顔も乾燥でガサガサになり、口周りの乾燥も気になってきます。

よくワセリンって大手のドラックストアで見かけますが乾燥を防ぐ効果はあるのでしょうか。

乾燥によるかゆみを防ぐ方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

口周りの乾燥の原因は?

最近は、夏はクーラー、冬は暖房と一年中空調の効いた部屋にいることが多くなりました。

そのせいか、夏でも保湿剤を使う人も増えています。

たしかに夏場でもハンドクリームを使うことが多いです。それはクーラーで乾燥して手がガサガサになるからです。

口周りの乾燥もその一つです。冬場はもちろん、夏も乾燥に悩む人も多いです。口周りが粉を拭いたようになってしまったりしませんか?

これは、外的要因(乾燥や気温、皮膚をこする)で皮膚の角質がめくれてしまっている状態で、剥がれることがなかなかできない状態になっています。

口周りが乾燥すると、シワの原因にもなり一気に老けたような印象になります。

【口周りの乾燥の原因】

  • 口周りの皮膚は薄い
  • あまり知られていませんが、顔の中でも目の周りや口の周りは他のところと比べて皮膚が薄くなっています。皮膚が薄い分、乾燥しやすくなります。

  • 口周りを食事のたびにヘーパーなどで拭いてしまう
  • 唇は口紅やリップなどでケアしている人も多いでしょう。

    意外と見落としがちなのは、朝きちんと化粧水やクリームを塗っても、食事の度に口周りを拭くことがありますよね。
     
    このように口周りを拭いてしまうことも肌をこすってしまい乾燥しがちになってしまいます。

    また、他にも花粉などが肌に付くことでかゆみが出で、手でこすったりすることも悪化の原因になったりします。

    このような乾燥してしまったガサガサ直すのは、保湿剤が有効です。

    スポンサーリンク

    口周りの乾燥を防いでかゆみを予防

    顔の皮膚は体の皮膚に比べて薄いので、あまり刺激の強いものは使用できません。顔のなかでも特に口周りの皮膚は薄いのです。

    乾燥するとかゆくなる場合もありますが、かゆみ止めなどではなく保湿剤を使いましょう。

    かゆみ止めはステロイドが入っているものが多いので、自己判断で使用せず、必ず医師か薬剤師に相談してください。

    口周りの乾燥におすすめなのはワセリンです。

    ドラックストアなどで安価に売っているものは、黄色ワセリンで精製度が低く不純物がある程度含まれています。

    精製されたワセリンもあります。こちらは少し高めになりますが、白色ワセリンと呼ばれるもので、医療用に近いワセリンです。

    ワセリンは外的刺激から皮膚を保護する働きがあり、化粧品の下地にも使われることもあります。

    もちろん口周り、顔以外に、手足や身体の乾燥にも使えますので、ひとつ用意しておくと便利に使うことができます。家にもひとつは常備するようにしています。

    皮膚は乾燥するとかゆみを発症しますので、乾燥をさせないように予防することが大切ですが、ワセリンが皮膚の乾燥予防にとても適しています。

    皮膚科でもワセリンはかなりよく処方されています。ワセリンという名前ではなく「プロペト」という名前で処方されると思います。

    あまり口周りの乾燥がひどい場合には、皮膚科で診てもらってくださいね。

    まとめ

    口周りが乾燥したときは、唇も乾燥っぽくなっている場合もあります。口周りは「ほうれい線」も近いです。「ほうれい線」が深くなると見た目も老けた印象になってしまうので鏡をみてチェックをしておくとよいでしょう。

    夜は保湿剤を十分に塗って、マスクをして寝るなどのケアをすると乾燥から肌を守ってくれるでしょう。

    大きく口を開けたときに口の端っこが切れたりする口角炎で痛い思いをされたことはありませんか。乾燥した時期に症状が出やすい気がしますが、単に乾燥が原因というわけでもないようです。大口を開けて笑えるように、原因を知り対策をとって早く直してしまいましょう。