クリスマスのホームパーティ。喜ばれる手土産の選び方。

クリスマスシーズンになると友達や会社の同僚などとのホームパーティーに誘われる機会が多くなりますね。

ホストへの感謝の気持ちも込めて、ちょっとした手土産を用意してパーティーを盛り上げませんか。

特に男性の場合は慣れない手土産選びに悩むかたも多いのでは。

手土産の選び方やおすすめなどまとめてみました。

スポンサーリンク
  

喜ばれる手土産の選び方。

ホームパーティーといってもいろいろとありますが、参加メンバーの人数や年齢層、子供の有無などについては事前にある程度把握しておくとよいですね。

人数が多い場合は一人にひとつというものを用意するのは大変なので、皆でシェアできるような手土産を選んではどうでしょうか。

親しい関係者だけであれば持って行く物もあまり気にしなくてもよいですが、例えば上司の家に行く場合などであれば、少し気を使って冷蔵庫を使わなくて良いものや、余っても困らないものを選ぶと良いでしょう。

予算は1000円から3000円くらいのものが一般的ですが、一緒に行く知り合いがいればまとめて用意しても良いです。

「これはあっても困らないな」とか、「あったら嬉しいな」というものをイメージして選んでみましょう。

ホームパーティのおススメ手土産

おススメの手土産をいくつかご紹介します。

・ワイン

あまり高いものでなくても良いです。ラッピングや化粧袋に入れていくとお洒落ですね。
割と定番なので他の参加者もワインを持ってくる可能性は高いですが、余ってもそれ程迷惑ではないと思います。

・チーズ

ワインと合わせて皆でつまめるので良い手土産になります。
プロセスチーズではなくてあまり癖の無いナチュラルチーズの方がパーティーらしくて良いですね。

・ナッツ類

ちょっとしたおつまみになります。日持ちもするので余っても困りません。

・フルーツ(ドライフルーツ)

お酒を飲まない人や女性にも喜ばれます。皮を剥く必要があるものはその分ホストへの負担がありますので気になる場合はドライフルーツもおススメです。

・チョコレート

食後のコーヒーと共にちょっとつまめるチョコレートも良いですね。

・アイスクリーム

業務用の大きなアイスクリームをもっていくと結構もりあがります。
外は寒くても、部屋は暖かいので冬でも問題ないでしょう。
但し、持って行くまでがちょっと冷たいかもしれません。
この場合は冷凍庫、冷蔵庫を使うので事前にホストへ確認しておきましょう。

・花

パーティーを華やかに雰囲気を盛り上げてくれます。
匂いの強い花は避けましょう。また花束でもっていくと花瓶などが必要なので籠や鉢にまとめられたアレンジメントのものを選ぶと良いですね。

・パン

自分のお気に入りのパン屋さんがあれば、そこでパンを買っていくのも良いですね。
ホスト側で用意している場合もあるのでできれば事前に確認しましょう。
調理パンでなければ余っても大丈夫でしょう。

・ジュースやお茶、コーヒーなど

皆で飲めるもので、余っても困りません。
ちょっと珍しいものや目新しいものがあると話がもりあがりますね。

スポンサーリンク

ホームパーティーではこれに注意。NGな手土産

先にも少し書きましたが、手土産を選ぶにあたって、これはやめたほうが良いとか、注意が必要なところをまとめます。

・冷蔵庫、冷凍庫を使うもの

ホストはパーティーの為、料理や飲み物をたくさん用意してくれています。
冷蔵庫の空きが無いケースが多いので注意しましょう。

・日持ちがしないもの

料理やお菓子などでも日持ちがしないものは、余ってしまうと困りますので
日持ちするものを用意しましょう。

・手料理

ホスト側で手料理を用意してくれるのですから、ゲストが料理で目立つと面目をつぶすことに。一人一品持ち寄りのようなパーティーで無い限りやめておきましょう。

・ホストや参加者が嫌いなもの

好き嫌いは誰でもありますので、できれば避けたいですね。
事前に分からなければ無難なところを選びましょう。

ホームパーティの手土産のまとめ

手土産を持っていくのは義務ではなくて気持ちです。
ホストへの感謝をこめて、また自分も参加者の一人としてパーティーを盛り上げるという気持ちが大切ですね。

ゲストを招く為に用意してくれるホストに感謝し、喜んでもらえる手土産を選んでみてください。

スポンサーリンク