ビンゴゲームをWindowsやMacパソコンとプロジェクターで行う

ビンゴゲームをパソコンで行いたいという幹事の方もいらっしゃると思います。

特に、忘年会、新年会、結婚式の二次会など大きな宴会では人数も多いので大きな画面で数字を表示できるプロジェクターは効果的です。

現在リリースされているWindows用、Mac用のフリーソフトをピックアップしました。

また、プロジェクター用の接続についても簡単にご説明します。

スポンサーリンク
  

ビンゴゲームに使えるフリーソフトWindows版

Windows用としてはたくさんのビンゴゲームフリーソフトがリリースされています。

今回はWindows7以降に対応したアプリに限定してご紹介します。

スピーチビンゴ2016

読み上げ機能と点検を追加しました、ビンゴゲームは広く知られている多数参加型のゲームです。このビンゴゲームは効果音、BGMが楽しめます、BGMに関してはコンピュータの音楽ファイルを選択して演奏することになります。操作に関しては画面表示のコマンドを見るだけで直感的にわかると思います。
bingo2016

動作OS:Windows 10/8/7
インストール:必要
ダウンロードサイト

Bin5

デジタル表示式のビンゴマシンです。
1~75の数字をルーレットにてランダムに表示します。
ルーレットの停止はストップボタンによる手動停止のほか、一定時間後に自動で停止させることが出来ます。
bin5
動作OS Windows 7/Vista/XP
インストール:不要(解凍のみ)
ダウンロードサイト

Mic BiNGO free

BINGOをはじめとした抽選、景品選択ができる多機能抽選ソフトです。
Windows/Mac両OS用がある。
micbingo
動作OS Windows/MAC OS-X
インストール:不要(解凍のみ)
ダウンロードサイト

ビンゴゲームに使えるフリーソフトMac版

Mac用は新しいものが少しだけありました。

MacBINGO

キーを押すと、ビンゴの抽選を行います。
また、抽選した番号を読み上げる機能を追加しました。
(text-to-speechが必要です)

動作OS OS X

ダウンロードサイト

Mic BiNGO free

BINGOをはじめとした抽選、景品選択ができる多機能抽選ソフトです。
Windows/Mac両OS用がある。
micbingo
動作OS Windows/MAC OS-X
インストール:不要(解凍のみ)
※画像はwindowsのもの
ダウンロードサイト

スポンサーリンク

ビンゴゲームのパソコンをプロジェクターに接続する

パソコンプロジェクターの接続方法について説明しておきます。

必要な機材は次のようになります。

・パソコン(Windows or Mac)
・プロジェクター
・接続ケーブル

接続用の端子はVGA端子、HDMI端子、Thunderbolt端子、USB端子などがあります。

  • VGA端子
  • もっとも一般的にプロジェクターの接続に使われる端子。

  • HDMI端子
  • 最近はこの端子が付いたパソコンも多い、デジタル出力で画質が良い。音声も同時に伝送できる。

  • Thunderbolt端子
  • Macのディスプレイ用端子。アダプタでVGAに変換してVGA接続する。

  • USB端子
  • USB端子付きのプロジェクターであればこれも使えますが、ドライバのインストールが必要などちょっと面倒。

    最初に使用するパソコンとプロジェクター双方で使える端子を確認しておきましょう。

    Windowsパソコンの場合

    まずパソコン側の出力端子を確認します。

    VGA端子またはHDMI端子のいずれかがあればそれを使用します。

    プロジェクター側の入力端子も同様にVGA端子またはHDMI端子があることを確認します。

    基本的にはVGA端子の接続にすれば問題ありません。

    VGA端子同士の接続にはVGAケーブルを使用します。

    またパソコン側がHDMI端子、プロジェクター側がVGA端子の場合はHDMI-VGA変換ケーブルとVGAケーブルが必要になります。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    HDMI → VGA ( D-Sub 15ピン ) 変換 アダプタ ( 白 / …
    価格:799円(税込、送料無料) (2017/9/13時点)

    Macパソコンの場合

    Macパソコンを使用する場合はVGA端子、Thunderbolt(サンダーボルト)端子が使用できます。

    機種によりサンダーボルト端子しかない場合はVGA変換用のMini DisplayPort-VGAアダプタを用意して、VGAケーブルと共に接続するようになります。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    エレコム Mini DisplayPort-VGA変換アダプタ ブラック AD-…
    価格:2181円(税込、送料別) (2017/9/13時点)

    プロジェクターによってはUSB接続もできますが、OSバージョンは10.5.1以上、またドライバなどのインストールが必要と面倒なのでおすすめしません。

    会場のプロジェクターを借りる場合はプロジェクター側の端子と使えるケーブルをしっかり確認しておきましょう。

    できれば事前に接続テストをしておけば安心して当日をむかえられます。

    パソコンが苦手な方は得意な同僚を巻き込んで意見を聞きながら準備した方が良いと思います。

    まとめ

    ビンゴゲームをWindowsやMacパソコンとプロジェクターで行う為のアプリと接続方法などをご紹介しました。

    ビンゴゲームの核になる部分ですから、接続方法など確認して、しっかりと準備してくださいね。

    会場によっては古いプロジェクターだったりする場合があるので基本的にはVGAの接続が良いかなと思います。

    その他のビンゴゲーム関連記事はこちらから。
    https://nonbiriteatime.com/1544.html

    ↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    スポンサーリンク