人見知りすぎてバイトできない人必見!コミュ障バイトの心得!

人見知りのバイト

初めてバイトに行こうと思っていても、高校生、大学生くらいだと自分の人見知りのせいで仕事がうまくできるか心配だったりすることもあります。

そんなあなたを微力ながら応援したいと思います。

スポンサーリンク

アルバイトが初めて!人見知りでもできる仕事の選び方

特に始めてアルバイトをする方で、人とのコミュニケーションが苦手な人見知りの性格の人は、自分に合った仕事を選ぶことが大事になります。

これは人見知りの方だけに言えることではなく仕事の適性を知る上でとても大事なことです。

むしろ、自分が人見知りとわかっているということは、自分のことを理解している証拠ですので、自分にあった仕事を選べばよいのです。バイトも同じです。

人見知りの人でも仕事になると意外と人と話すことが平気な方もいます。どちらかというと
休み時間とかお昼の休憩時間そんな時間のほうが苦痛だったりする方が多かったりということもあるかもしれません。

バイトは就職をする前の練習みたいなものですから、思い切ってやってみてダメだったら次を探す・・そんな気楽な気持ちでよいと思いのです。

人見知りの学生が高速道路のサービスエリアの食堂でバイトしたら、顔面蒼白になって帰ってきたという親御さんがいました。

その子は接客が苦痛だったのでしょう。無理をしないですぐ辞めたということです。

次は接客以外のバイトを探せばよいのです。倉庫内作業や裏方の仕事なら、黙々と仕事をする分、楽かもしれません。

でも仕事=バイトで何が大事って、まずあいさつです!

そして相手の名前を覚えましょう。無理に話す必要はありません。わからないことをきちんと聞く。わからないまま仕事を進めると迷惑になることもあります。

最初のうちは無駄話を嫌う先輩もいますから、おしゃべりが多いのはマイナスポイントになる場合もあります。

スポンサーリンク

人見知りのバイト面接攻略ポイント

バイトの面接はというのは緊張しますよね。これは人見知りでなくても緊張しますし、できれば何回もやりたいものではありません。

しかし、バイトに応募したからには面接は必須ですのでここは上手な伝え方を考えてみましょう。

人見知りの人は、他人と目を合わすのを苦手とする人が多いかと思います。ですが、ここで面接の人の目を避けているようでは、まず採用されないと思った方がよいです。

苦手でもまず相手の目を見て、あいさつしましょう。そして自分の名前を言いましょう。

面接の人からいつくか質問がありますので、それになるべく前をみて答えるようにしましょう。無理に多く話す必要はありません。

「人見知り」という短所が相手によっては「控えめ」「まじめ」という長所に思ってくれることもあります。面接でベラベラ話せばよいというものでもありません。

バイトの面接なら希望の曜日、時間、服装など気になることは聞いてもよいと思います。遠慮せず、気になるところは確認しておきましょう。

人見知りでバイトが辛い時の対処法

バイトが決まって仕事が始まるとき、一緒に働くバイト仲間が気になるところですよね。

バイトの人間関係が、その仕事の大変さ、楽しさを左右するといっても過言ではありません。

なかには、どうしても気の合わないバイト仲間がいる場合もあるでしょう。もともと人見知りなら無理に話しかけなくてもよいと思います。ですが、あいさつだけはきちんとしましょう。相手が友好に思ってくれれば、バイトもずっとやりやすくなります。

休憩時間のとき、沈黙がこわくて気まずくなる、何を話してよいかわからない・・。

そんなときは相手の持ち物に注目してみましょう。聞き役になって相手の話に相づちを打つのもよいかと思います。

まとめ

人見知りの人は、時間をかけることによって相手に慣れ話しやすくなる場合もあると思います。それにより人見知りを克服することも可能です。

人見知りだから、しゃべらないとかではなく、基本的なあいさつ、帰るときのあいさつ、目上の人に対する言葉使いをきちんとしていれば、そして笑顔・・。いつの間にか気の合うバイト仲間もできると思いますよ。