京成バラ園のアクセスやランチ情報!地元民の楽しみ方も!

千葉県八千代市にある京成バラ園には1600品種、10000株のバラが育てられています。

バラ以外にもたくさんの樹木や草花が植えられていて、見ているだけで心も癒されます。

そんな京成バラ園の楽しみ方を地元民がご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

京成バラ園ってどんなとこ?

京成バラ園が設立されたのは約60年前の1959年。

日本にバラの文化を広めることを目的に、新たなバラの作出なども行われています。京成バラ園ではなんと1600品種、10000株のバラを育てているそうです。

フランス様式でつくられた庭園はゆっくり散策しながらさまざまなバラを見ることができます。園内にはカフェやレストランもあるので、のんびりと休日を過ごせます。

他にもたくさんの樹木や草花が植えてあり、ハンカチの木というちょっと変わった木なんかもあるので是非探してみて下さい。本当にハンカチがぶら下がっているように見えますよ!

また、いろいろな植物やオリジナルグッズなどの販売をしている施設もあり、気になるものがたくさんあります。

バラの見頃は?

バラの品種によって見頃が異なります。シーズンを変えれば咲く花も変わり、行く度に違う表情を見せてくれます。

・春バラの見ごろ…5月中旬~6月上旬
・夏バラの見ごろ…7月中旬~8月上旬
・秋バラの見ごろ…10月中旬~11月上旬

冬場はバラが休眠してしまいますが、それ以外の時期はさまざまなバラを楽しむことができます。

バラの他にも椿やミモザ、サフィニア、アジサイなど四季折々の花が咲いています。行く時期が違えば見る事のできる種類も変わるので、何度も行きたくなってしまいますね!

公式FacebookInstagramでその日の写真を発信してくれていますのでぜひ行かれる前にチェックしてみて下さい。

京成バラ園へのアクセス

電車で行く場合の最寄駅は東葉高速鉄道『八千代緑が丘駅』になります。

駅からは東葉バス八千代治療センター・八千代中央駅行で『京成バラ園』下車(約5分)

もしくは徒歩15分です。

ゴールデンウィークやバラの見頃の時期は道路が混雑していてなかなかバスが進まない事もあるので、徒歩で15分程かかりますが歩いて行くのがおすすめです。

車で行く場合は「京成バラ園」か住所「千葉県 八千代市 大和田新田755」をナビに入れてください。

ローズフェスティバル開催中など駐車場が混雑する場合は臨時駐車場ができる場合もあります。詳しくは公式サイトを確認してください。

京成バラ園へのシャトルバス

バラの見頃の期間、土・日のみですが、京成線『八千代台駅』からのみ無料のシャトルバスが走っています。(約25分)

日によっては利用者が多く、バスに乗るまで結構時間がかかってしまう事や、道路の混雑で遅延する事もあるので時間に余裕を持って行きましょう!

京成バラ園の入園料

シーズンによって入園料が変わります。

・春バラシーズン(5・6月)
大人¥1200/シニア・障がい者¥900/小中学生¥200

・夏バラシーズン(7・8月)
大人¥500/シニア・障がい者¥400/小中学生¥100

・秋バラシーズン(10・11月)
大人¥1000/シニア・障がい者¥700/小中学生¥200

・それ以外(1・2・3・4・9・12月)
大人¥300/シニア・障がい者¥200/小中学生¥100

・年間パスポート
¥3000

それぞれのシーズンごとに1回以上行くのであれば年間パスポートがお得ですね!

スポンサーリンク

京成バラ園の施設

京成バラ園にはランチお買い物ができる施設もあります。バラを見る以外にも楽しみがあります。

京成バラ園のレストラン

敷地内には3店舗の飲食店があります。

しっかりランチを食べたいならレストランラ・ローズ、スウィーツが食べたいならカフェパティオ、軽食ならサンブレッタがいいと思います!

レストラン ラ・ローズ

・自家農園で栽培した有機野菜やハーブなどを使ったお料理が自慢のレストラン。
・ハンバーグやグリルチキンなどボリュームたっぷり!
・ランチではパンかライス、コーヒーか紅茶がついています。

カフェ パティオ

・ローズガーデンを眺めながらオープンテラスでくつろげる解放的なカフェ。
・ローズヒップティーやバラのマドレーヌなどバラを使った飲み物やスウィーツがたくさん!
・おすすめは京成バラ園名物のバラのソフトクリーム!色がピンクで可愛いです。

石釜ベーカリー サンブレッタ

・名前にあるように石釜で焼き上げる本格的なお食事パンが食べられます。
・カレーパンやサンドイッチなどお惣菜パンからクリームパンなど甘い系のパンまで品ぞろえ豊富です!
・カメの形をしたメロンパンやパンダのチョコパンもおすすめ!インスタ映え間違いなし!
・パンを購入するとコーヒーか麦茶をサービスしてもらえるので、併設されているイートイン席かテラス席ですぐに食べる事ができます。

京成バラ園のショップ

京成バラ園内で植物やオリジナルグッズなどを購入することもできます。せっかくなのでお土産も買って帰りましょう。

ローズショップ

「芳純」という香りが素晴らしいバラ品種の花びらを使ったジャムや、バラの香りがするメレンゲクッキーなど、京成バラ園ならではの商品がたくさん揃っています。

お菓子と一緒にオリジナルのブレンドティーを購入すれば優雅なティータイムを自宅でも楽しめます!

他にもバラをモチーフにしたグッズや、色々な品種のオリジナルフレグランスも販売しているので、お友達やご家族、ご自分へのお土産にいかがでしょうか?

ガーデンセンター

バラ園を見学した後は隣にあるガーデンセンターへぜひ立ち寄ってみて下さい。

京成バラ園ではバラを見るだけでなく、ガーデンセンターで購入する事も出来るんです!

育てやすいミニバラから、本格的なブランドローズまでたくさんの品種が販売されていて、このガーデンセンターを見るのもとっても楽しいです。

バラだけでなく、草花や野菜の苗、室内にはサボテンや今ブームになっている多肉植物など見たことのない植物たちに出会えるかも?

温室になっている所には見上げる程大きな植物や、食中植物など変わった植物がたくさんで、植物園に来ているような感じで楽しめます。

また、ガーデニング用品やディスプレイに使える小物なども販売しているのでガーデニングを始めたいなという方にもおすすめです!

最後に

京成バラ園は人気のスポットという事もあり、見頃にはたくさんの人で賑わいます。

園内は広いので身動きが取れないという事はないですが、ランチの時間にはレストランに行列ができてしまったりするので、時間をずらして早めにランチを食べるなど対策をするといいと思います。

私のおすすめとしては、昼前に京成バラ園到着後レストランでまずランチを食べ、お腹がいっぱいになったところでバラ園を見学。

たくさん歩いたらカフェで休憩、その後ローズショップやガーデンセンターでお買い物、最後にサンブレッタでお土産にパンを購入して帰ると京成バラ園にあるすべての施設を巡る事ができます!

込み具合によってはすべて巡る事が難しかったりするので、行けなかった所は次回のお楽しみにとっておいて何度も足を運んでみてください!

ちなみにサンブレッタは本当においしいパンが割と安価で購入できるので、ぜひのぞいてみて下さいね!

バラ園目的ではなくここのパンを目的に来られる方も多いくらいです!

ぜひバラの香りとパンの香りに癒されて下さい!