蔵王酪農センターのバラ園にお出掛け。おすすめのお土産や楽しみ方をご紹介!

蔵王酪農センターのバラ園にお出掛け。おすすめのお土産や楽しみ方をご紹介!

宮城県の蔵王酪農センターは酪農センターという名称ですが、敷地内にはバラ園も併設されています。

バラ園には約400種のバラが植えられていて6月上旬から7月上旬にかけて見ごろとなります。

今回はバラ園や蔵王酪農センターのおすすめポイントなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

蔵王酪農センターバラ園の様子、バラの見ごろ

蔵王酪農センターの駐車場に着くと、何よりすぐに目に入るのが広大なバラ園です。

見ごろの時期に行けば、なんともいえないバラの香りがあたりを包みます。

バラは、世界でも人気のある花で、毎年新種が出るほど品種数が多いと言われています。

蔵王酪農センターのバラ園には、約3000坪あり、約400種類、1800株のバラが植えてあります。

植えてあるバラはオールドローズなどの香りの強い品種が多いので、1種類ずつゆっくり見て歩いて、香りも楽しんでいただきたいです。

品種ごとにプレートがついているので、詳しくない方でもわかりやすくなっています。たくさんのバラの中からお気に入りのバラを見つけてくださいね。

こちらのバラ園は見ごろが年に春、秋と2回あり、春の見ごろは6月上旬から7月上旬です。梅雨時期なので、雨の日にも見ましたが、晴れた日の方が色合い、香りが良かったので、ぜひ晴れ間を見つけて出かけてみてください。

秋の見ごろは、10月下旬から11月下旬の寒い時期になります。この時期の蔵王は、雪の降る日が多くなりますので、春の見ごろの方ををおすすめします。

バラ園の開園時間は9:00~17:00と長いので、ゆっくり見ることができます。入園料も無料なのが嬉しいですね。

スポンサーリンク

蔵王酪農センターおすすめのおみやげ

蔵王酪農センターおすすめのおみやげは、もちろん、蔵王チーズです。

敷地内にはチーズ工場がありますし、工場の隣にはチーズキャビンという名前の直売店があります。チーズキャビンでは、クリームチーズとクリーミースプレッドというチーズに甘みを加えたものが人気商品で、美味しさを味わえるよう、ソーダクラッカーと共に大量の試食が用意されています。

全種類自由に試食ができるので、購入前にはぜひ試食をして好みの味を見つけてくださいね。クリーミースプレッドは、しつこくない甘さでそのまま食べてもおいしいです。

他にも、さけるチーズや、おつまみ用のチーズ、チーズドリンクにアイスクリームとおすすめの商品がたくさんあります。

もちろん、チーズを使ったお菓子や、蔵王で作られた漬物などもあります。店内の広さは見て回るのにちょうどよく、品数も多いので、きっといいおみやげが見つかるでしょう。

営業時間はこちらも9:00~17:00です。

敷地内には、他に、地もの野菜の直売所、手作りパンやケーキのお店があり、そちらでも買い物できます。気になるときはぜひ、足を運んでくださいね。店はすべて隣接していますので、移動も簡単に見て回れます。

蔵王酪農センターへのアクセス

蔵王酪農センターへのアクセスですが、車で行く場合は東京方面からですと、東北自動車道白石ICで降りて、国道4号から県道12号、蔵王エコーライン方面へ向かいます。

遠刈田温泉に入りましたら、国道457号、白石、七ヶ宿方面へ向かいます。約30分ほどかかります。

仙台方面からですと、東北自動車道村田ICで降りて、県道25号、蔵王町・蔵王エコーライン方面へ向かいます。

ここからは東京方面からと同じで県道12号を走り、遠刈田温泉に向かいます。遠刈田温泉から、国道457号、白石、七ヶ宿方面へ向かいます。こちらも約30分ほどかかります。

山形方面からですと、山形自動車道川崎ICで降りて、国道286号から国道457号、川崎町青根温泉から遠刈田温泉に向かいます。

遠刈田温泉からは同じで、国道457号、白石、七ヶ宿方面へ向かいます。こちらは約40分ほどかかります。

近づいてきますと、のどかな風景が広がるドライブコースになりますので、余裕があればゆっくり走って、風景を楽しむのもいいですね。道路は比較的すいていますが、慣れない方は間違えないよう気を付けてくださいね。

電車で行く場合は、JR東北新幹線白石蔵王駅から、ミヤコーバス宮城蔵王ロイヤルホテル行きへ乗り、遠刈田温泉のバス停で下車します。バスで約50分かかりますので、トイレなどは済ませてから向かうと良いですね。

蔵王酪農センターチーズハウス

蔵王酪農センター敷地内には、チーズ料理が食べられるチーズハウスというお店もあります。

飲み物や、ソフトクリームはテイクアウトできますが、余裕があるときは、立ち寄って、休憩しながら軽食を食べてもいいですね。

ピザや、ラクロネットというオリジナル料理がおすすめで、どちらも蔵王チーズをたっぷり堪能できます。特に、ラクロネットは、蔵王チーズを鉄板で焼き、魚介や季節の食材を合わせて、パンにのっけていただきます。チーズ好きにはたまらない、絶品です。季節の食材をチーズと一緒に味わえるのもいいですよね。

ちなみに、こちらは2名からの注文になりますので、その点だけ、お気をつけ下さい。

また、6月1日からは、チーズティーが発売されました。無糖のお茶の上に、蔵王クリームチーズを使ったオリジナルのチーズクリームがたっぷりとかけてあります。ぜひ、お試しください。

こちらのお店は10:00~16:30となっています。立ち寄る場合は、お買い物の前に寄るといいかもしれません。

楽天生命パーク宮城へは野球観戦でよく行きます!試合日以外にも遊びに行ける楽しいスタジアムです。行く前に知っておくと役に立つかもしれない楽天生命パークの情報をご紹介していきます。

まとめ

蔵王酪農センターの楽しみ方についてご紹介しました。

食事などはどの季節でも楽しめますが、是非、バラの季節に行ってみていただきたいです。

バラ園でのゆったりとした時間が日ごろの疲れを癒してくれますよ。