浅草寺の初詣は下町の雰囲気満載。混雑状況や観光スポットも

東京の下町、浅草にある浅草寺は最近では外国の観光客にも大人気ですね。

下町らしい賑わいやお正月の雰囲気を楽しみたいのであれば初詣に行ってみてはいかがでしょうか。

新年のカウントダウンから除夜の鐘を聞きながらの初詣、カップルで楽しんでみては。

スポンサーリンク
  

浅草寺の初詣の混雑状況は

雷門で知られる浅草寺は飛鳥時代からの歴史を持つ東京都内では最古のお寺です。

都内では唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所ということからも分かりますが、ご本尊は観世音菩薩さまです。

浅草観音」とも呼ばれ、古くより民衆信仰の中心地として栄えた場所になります。

観音さまはとても慈悲深い仏さまで、人々の苦しみを取り除き、生きる楽しみを与えてくれるといわれています。

観音さまの慈悲にふれ、自分自身も温かい心、優しい心で過ごせるようにと願いたいですね。

浅草寺は金運アップ、縁結び、癒しのパワーなど生きていくための加護を得られる慈悲のパワースポットです。

参拝した際には「南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)」と唱えて一年を健やかに明るく過ごせるようお祈りしましょう。

初詣には参拝者数は三が日には例年、約280万人が訪れます。

人酔いするほどの人数になりますので、覚悟はしておいてくださいね。

女性の場合は着物は大変なので、動きやすい洋服の方が良いと思います。

お正月の参拝時間は次のようになっています。

12月31日 6:30~19:00
1月1日 0:00~20:00
1月2日、3日 6:30~20:00

元旦の0時から3時位までは混雑のピークになりますが、朝5時頃には比較的参拝の人数も減ってきます。

浅草の除夜の鐘は、地元の信徒の方が交代に打ち鳴らならします。

一般の方はつくことができませんが、浅草寺の近くにいれば鐘の音は聞こえてきますから新年の雰囲気は十分味わえると思います。

除夜の鐘は1月1日の0:00より行われます。

浅草寺といえば仲見世通りのお店も有名ですね。

懐かしい玩具や佃煮、人形焼、あられ、せんべいなど下町らしいお土産がたくさんあります。

混雑でゆっくり見れないかもしれませんが、面白いお土産を見つけられるかもしれませんね。

浅草寺周辺の観光スポット

どうせ行くなら除夜の鐘も聞きたいとい方にはカウントダウンイベントはいかがでしょうか。

浅草寺近くの浅草花やしきでカウントダウンイベントが開催されます。

花やしきdeハジけようぜ!
日時 12月31日 21:00~26:00
場所 東京都台東区浅草2-28-1

通常営業終了後の21時より再オープンとなります。

昨年は園内の9機種に乗り放題でお笑いライブなども開催されました。

ここで新年のカウントダウンで盛り上がってから初詣に行ってみてはいかがでしょうか。

初詣のお参りが終わったら、次はスカイツリーへも歩いて行くことができます。

初詣でお疲れかもしれませんが、約1.8km、徒歩22分くらいです。

歩くのがしんどい場合は東武スカイツリーラインの浅草駅からとうきょうスカイツリー駅まで電車で行けます。

お正月は展望台もとても混雑しますが、元気があれば行ってみても良いかもしれませんね。

正月三が日の営業時間は次のようになっています。東京ソラマチの営業は10時からになります。

1月1日 7:30~
1月2日 7:00~
1月3日 7:00~

夜中に初詣に行くと、朝までの待ちはちょっとしんどいですね。

お昼の初詣ならあわせて観光しても良いと思います。

浅草寺へのアクセス

浅草寺には駐車場はありません。また近隣も渋滞する可能性がありますので公共交通機関の利用をおすすめします。

通常の参拝であれば次の表参道ルートがおすすめです。

雷門→仲見世通り→宝蔵門→浅草寺 

花やしき方面またはつくばエクスプレスの浅草駅から行く場合は雷門までが遠回りになるので、西門経由のこちらのルートが行きやすいと思います。

西門→浅草寺→宝蔵門→仲見世通り→雷門

浅草寺
住所 東京都台東区浅草2丁目3番1号
電話 03-3842-0181(10時~16時まで。日曜祝日を除く)
浅草寺周辺の宿泊施設【たびノート】

電車で行く場合
・東京メトロ銀座線
「浅草駅」より徒歩5分

・都営地下鉄浅草線
「浅草駅」A4出口より徒歩5分

・東武スカイツリーライン
「浅草駅」より徒歩5分

・つくばエクスプレス
「浅草駅」より徒歩5分

バスで行く場合
・都営バス
「二天門」バス停
「浅草雷門」バス停
「東武浅草駅」バス停

・京成タウンバス
「浅草寺北」バス停

・台東区循環バスめぐりん
「二天門」バス停
「浅草寺」バス停

まとめ

人混みが苦手な方にはあまりおすすめできないのですが(特に三が日)、下町の雰囲気を存分に味わえると思いますので興味のある方は是非、行ってみてください。

↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク