チームラボ豊洲に子連れで行ってきました。初めての体験にワクワク!

チームラボ豊洲に子連れで行ってきました。初めての体験にワクワク!

チームラボ豊洲

ずっと行きたいと思っていたチームラボ。

子供連れの為お台場のチームラボに行きたかったのですが、チケットが完売で取れませんでした。

ゴールデンウィークとはいえ、旦那が休みで行ける日も限られていたので、今回はチームラボ豊洲に行ってみることにしました。

スポンサーリンク

チームラボ豊洲のチケット予約

チームラボ豊洲チケットウェブで予約しました。予約後のメールに記載のURLにアクセスするとQRコードが表示されそれがチケットになります。入場時間は30分刻みの予約となりますが、その30分内に受付をすませれば大丈夫です。

料金は平日2700円、19時以降は2400円、土日休日は3200円です。子供や学生、お年寄り、障害手帳のある方には割引チケットがあります。

私たちは子供が3歳未満なので大人二人で6400円でした。結構値段はしますね。

ネット予約しなくても空きがあれば当日会場でチケットを購入することもできます。平日のナイト割引は仕事帰りのデートにもいいですね。

スポンサーリンク

チームラボ豊洲へのアクセスと駐車場

今回は車で行ったのですが、会場に駐車場はなく近くのコインパーキングに車を止めるしかありませんでした。雨も降っていた日だったので施設内に駐車場があると便利なんですけどね~。

施設裏にある駐車場に停めましたがあまり台数は多くない駐車場だったのでここが満車だったら停めれない可能性もあったかも。

駐車サービスとしては平日のみですが、「アーバンドック ららぽーと豊洲」の駐車サービス券(1時間分)プレゼントがあります。くわしくはこちらのページを確認してみてください。

アーバンドックららぽーと豊洲から豊洲駅までは距離500mで徒歩8分程。そこから新豊洲駅までゆりかもめで移動できます。

ららぽーと豊洲から会場まで歩くなら約1.4kmで徒歩20分程。これはちょっと遠いですね。

予約の時間もあるので、行くなら電車で行った方が無難だと思います。駅からは目の前に会場があるので迷わずに行けます。

Check!>>豊洲周辺の観光スポット

チームラボ豊洲は服装注意

会場内はとても幻想的で綺麗な景色でした。作品の中に入る感じ、一体感、アートを遊ぶそんな普段の生活では感じることの出来ない体験をさせてもらえました。

靴を脱ぎ、裸足で体験するので大人ながらにワクワクします。

室内は薄暗く一方通行です。さっと回るとあっという間に終わってしまいます。時間制限は無いので写真をゆっくり撮ったりして楽しむと良いと思います。

うちは未就園児を連れて行ってので、あまりゆっくり見る事はできませんでしたが、個々の楽しみ方が出来る場所だなと感じました。

変わった体験ができるイベントですが、行く前に注意したいのが服装です。会場内は裸足で進みますが場所によっては大人の膝下くらいまでの水の中を歩く場所があります。

ズボンなら捲し上げる必要がありますし、ロングスカートは水に浸かってしまいます。また、小さい子は抱っこをしないと厳しいです。そのため、ロングスカートや捲りにくいスキニーパンツは止めておいたほうがいいです。

さらに床が鏡になっているところもあるので、ミニスカートも中が見えそうで気になると思います。その場合は会場でハーフパンツは貸してもらえますのでスカートの下にそれを履いておくといいです。

小さい子供はズボンを多少捲くっても、濡れてしまうと思いますし、はしゃいでびしょ濡れになるかもしれません。いっそのこと水着と着替えを持って行った方がいいかもしれませんね。

ゴールデンウィークという事もあり人が多く、海外からのお客様もとても沢山いてびっくりしました。

ゆっくり見れなかったのは残念でしたが、時間ごとにチケット完売になっていたので人数制限はしているように思いました。並んでるいる列も時間通りにスムーズに進みましたので混雑のストレスはあまりありませんでした。

一度中に入ってしまうと一方通行で引き返すことはできないようになっていましたが、車椅子の方などには優先通路もありきちんと工夫されていました。

チームラボ豊洲 その他の注意点

トイレは出入り口のロッカーのところにしかありません。水にも浸かって多少冷えますから、お子様連れの場合は先にトイレを済ませておいた方が安心です。

また、施設に入る前に飲みものは他で買って持参したほうがいいと思います。

まとめ

チームラボ豊洲に初めて行きましたが小さいお子さんを連れていくのであれば、トランポリンもあるお台場のチームラボがおススメだと思います。

とはいえチームラボ豊洲も幻想的な体験をできる素敵な場所でした。行った事のない方は是非、行ってみてください。

また、ゆっくり写真を撮ったり鑑賞を希望するのであればあまり混雑していない平日がおすすめです。