七五三はいつ行くのが正しいの?早生まれはどの年齢でお参りする?

七五三はいつ行くのが正しいの?早生まれはどの年齢でお参りする?

七五三にはいつ行く?

七五三は子どもがすくすく成長するようにと願いを込めて、お祝いする節目の大切な行事です。

七五三のお参りにいつ行くかを早めに決めておかないと、祈祷の予約、着物のレンタルなどの準備が間に合わなくなってしまいます。

この記事では七五三にお参りに行く時期、お参りする年齢などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

七五三のお参りはいつ行く?

七五三のお参りは11月15日とされています。この日は特に祝日でもなく年によっては平日にあたります。

昔は、食料も十分でなく病気などもあり、7歳まで生きられる子どもが多くなかったので、成長と健康を祈ることにしたという話もあります。

私達の親の時代でさえ、兄弟が7歳まで生きられず何人か亡くなっています。

でもなぜ、11月15日に七五三と決めたのか気になりますよね。11月には晴れの特異日も多いですよね。

いくつか説がありますのでご紹介していきます。

  1. 江戸時代の五代将軍説
  2. 江戸時代の三代将軍、徳川家光の子ども(徳松)が体の弱い子どもだった。家光が徳松の健康をお祈りした日が11月15日であった。

    その後、無事に成長したので七五三と決められた。

  3. 婚礼以外は吉の日説
  4. 旧暦の11月15日は二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくにち)と言われ、鬼が出歩かない日とされているので、七五三と決められた。

  5. たした数字の説
  6. 七五三の数字をすべて足すと15になるので、七五三の日を旧暦の11月15日と決めた。

11月は穀物を収穫したあとで、時間的な余裕があるという説もあります。いずれもはっきりした根拠はわかりません。

現在では、七五三は10月末ごろから11月23日の祝日ぐらいまでの間の、日曜日、祝日にお参りされる方が多いです。両親の仕事の都合がついて平日に休むことができれば、平日にお参りされる方も増えています。

いつ行くかはそれぞれの家庭のやり方、計画等もあると思いますので、両親でよく話し合っておきましょう。

また、祖父母も一緒にいく場合もありますから、祖父母の意見も聞いておくとあとあと面倒がありませんよ。

スポンサーリンク

七五三はいつ行く?早生まれの場合

一般的に女の子は3歳と7歳、男の子は5歳に七五三のお祝いをします。

西日本では、男の子は3歳のときにもお祝いをするのが多いですが、今は全国的に広まっています。

子どもの誕生日が早生まれの場合はどうすればよいのでしょうか。

昔は数え年でお祝いすることが多かったので、例えば女の子なら3歳になってなくてもお祝いすることがありました。

現在は満年齢でお祝いすることが多いです。

※数え年とは・・・生まれた時に1歳であり、かつ新年(1月1日)を迎えると、皆同様に1歳年をとるという考え方。

私の親もよく「数えで○○歳だよね」とか言います。けっこう混乱しますよね。

地域によって「数え年」「満年齢」または、きょうだいとの年齢の関係で、お姉ちゃんが満年齢7歳でお祝いをするから、ちょうど妹は数えで3歳だから一緒にお祝いしてしまおうという場合もあるかと思います。

子ども、特に幼児のうちは1年の年齢差が大きく、4月2日生まれと3月31日では学年にすると1年の成長の差があります。

子どもの成長ぐあいで、あまりにも小柄な場合は一年遅れで七五三をしてもよいでしょう。

身体が小さいと、お参りの着物が重かったりするとかわいそうですし、ぐずったりしてもかなり大変です。

早生まれですと、七五三の時期にはまだ2歳児なので、おむつをしている子どもも多いでしょう。

七五三は、いついつまでにやらなくてはならないといった明確な決まりはないので、柔軟に対応すれば大丈夫ですよ。

まとめ

七五三は、子どもより親、祖父母の気持ちが先だってしまいがちです。今は七五三の1~3ケ月ぐらい前に写真の前撮りのサービスがあります。

着物レンタルのところで着物を選び、写真をセットにするサービスもあります。着物が自前でも、着付け、写真だけでもやってくれるでしょう。

先に前撮りをして写真を撮ってしまえば、当日は着付けをして神社にお参りに行くだけなので、お父さん、お母さんの負担もだいぶ軽くなりますよ。

晴れ姿のお子様の成長をみんなでお祝いしたいですね。

七五三の写真撮影をしたいんだけど、やっぱり11月は混み合いそう。お参りは11月15日にするとして、写真は前撮りがいいな~でも、いつから前撮りってできるんだろう?とお悩みのアナタに、七五三の前撮り事情についてお話しします!