受験生の味方、初詣は東京の湯島天満宮で菅原道真に合格祈願

初詣には皆さんいろいろな思いで参拝されると思いますが、お子さんが間もなく受験というご家庭ではやはり合格祈願となるのではないでしょうか。

今回は合格祈願で有名な東京の湯島天満宮についてのご紹介です。

受験生もご両親と一緒に初詣にお参りすれば良い気分転換にもなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  

受験生の初詣は東京の学問の神様 湯島天満宮へ

お正月には合格祈願の受験生も多く参拝する湯島天満宮ですが、どのような神社なのでしょうか。

学問の神様といえば菅原道真公ですね。

湯島天満宮とはどのような関係があるのでしょうか。

湯島天満宮は雄略天皇2年(458年)に天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀る神社として建てられました。

かなり古い歴史のある神社ですね。

その後、正平10年(1355年)に菅原道真を勧請して合祀しました。

さて、「勧請」とは何でしょうか?

「勧請(かんじょう)」とは仏神の霊や像を寺社に新たに迎えて祀ることです。

つまり、この時から菅原道真公の祀るいわゆる「天神様」となったということです。

ちなみに「湯島天満宮」「湯島天神」とは江戸時代から呼ばれていたようですが、明治維新の頃は「湯島神社」が正式名称でした。

平成12年に「湯島天満宮」へ正式名称を改め、「湯島天神」は通称となっています。

関東には他にも有名な「天神」があり、「亀戸天神社」「谷保天満宮」と「湯島天満宮」の三社で、関東三天神または江戸三大天神と呼ばれたりします。

学問の神様である菅原道真を祀る神社として特に受験生に人気のある湯島天満宮には合格祈願の絵馬がたくさん奉納されています。
%e6%b9%af%e5%b3%b6%e5%a4%a9%e7%a5%9e%e7%b5%b5%e9%a6%ac

テレビでご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。

湯島天神で合格祈願

受験勉強もがんばってされていると思いますので、試験当日には勉強した分の実力が発揮できるようにお願いしたいですよね。

合格祈願のご祈祷は次のように受付けしています。

【御祈願(ご祈祷)】
・受付 随時
・受付時間

1月1日 0時~19時
1月2日~1月6日 8時~18時
1月7日 8時~17時
1月8日以降 9時15分~16時30分

・合格祈願 祈祷料
個人の方 5千円、2万円、2万円

・受付場所
通常は拝殿(本殿)内にて受付。
土日祭日等は一時的に社務所等で行う。

境内では他にも「学業守」や「学業成就鉛筆」などの授与品があり、受験生に人気があります。

人気がありすぎて怪しい転売屋もいるようですが、そこは正式なものを神社から入手してください。

例年、お正月の三ヶ日で約35~40万人の方がお参りされます。

お正月のお参りの際は参道から込み合いますので、ピーク時で1時間半くらいは並ぶことも想定しておいた方が良いと思います。

午前中の早い時間が比較的空いているようです。

11時くらいからは混み合うようなのであまり並びたくないという場合は早めに到着するようにしてみてください。

お出かけの際は体が冷えないように温かい格好をして、また風邪などをうつされないようにマスクもしっかりしてからお参りしてください。

スポンサーリンク

湯島天満宮へのアクセス

神社の駐車場はお正月は使用できません。また余計な事故も縁起が悪いでしょうから電車で行かれることをおすすめします。

【湯島天満宮】
住所 東京都文京区湯島3-30-1
電話 03-3836-0753

アクセス
電車の場合
・東京メトロ千代田線「湯島」駅より徒歩2分
・東京メトロ銀座線「上野広小路」駅より徒歩5分
・東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅より徒歩8分
・JR山手線・京浜東北線「御徒町」駅より徒歩8分
・都営地下鉄大江戸線「上野御徒町」駅より徒歩5分

東京の観光スポット「楽天たびノート」

まとめ

お正月に気分も新たに勉強ができるよう、初詣にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

お父さん、お母さんは心配くらいしかできないとやきもきしていると思います。

一緒にお参りして心を落ち着けて、引き続き応援してあげてください。

恵方という言葉は最近では恵方巻きで耳にされた方も多いと思いますが、恵方詣り(えほうまいり)という風習があることをご存知でしょうか。 今日は...

↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク