井の頭動物園に子連れでお出かけ。動物との初めてのふれ合いに。

井の頭自然文化園のリス

井の頭自然文化園は吉祥寺駅近くにあるこじんまりした動物園です。

派手な動物はいませんが、モルモットふれあいコーナーなど子供が動物に触れる貴重な体験をさせることができます。

小学校入学前のお子さんと一緒に行くにはちょうど良い広さの井の頭自然文化園はどんなところでしょうか。

スポンサーリンク

井の頭動物園は子供と楽しめるお手軽スポット

井の頭動物園は井の頭自然文化園というのが正式名称です。

井の頭自然文化園には「動物園」の他に「水生物園」という分園も併設されています。動物園のチケットを購入すれば水生物園にも入場することができます。

水生物園はカエルなどの両生類や水生の昆虫や植物などが展示されています。井の頭公園に隣接というかほぼ中にあるようなところなので、駅への帰り道に寄っていってもよいですね。

動物園と水生物園を合わせてもそれほど広くはありませんので、小さいお子さんと見て回るにはちょうど良い広さです。

ライオンのような派手な動物はいませんが、モルモットを抱っこできたり、身近に動物を感じることのできる動物園です。これまで動物に触れる経験があまり無かったお子さんには喜んでもらえるのではないでしょうか。

井の頭自然文化園の最寄り駅は「吉祥寺駅」となります。

吉祥寺駅からは徒歩約10分でのんびり歩いて行くには良い距離ですが、子供連れで大変という場合は駅からのバスを利用してもよいですね。

また、園内はコインロッカーが無いので荷物を軽くしたい場合は駅のコインロッカーに入れて行く方がいいです。

【井の頭自然文化園 管理事務所】
住所:武蔵野市御殿山1-17-6
電話: 0422-46-1100

井の頭自然文化園の口コミはこちら

  • 開園時間
  • 9時30分~17時

  • 休園日
  • 月曜日(祝日や都民の日の場合は翌日が休園日)

  • 入園料
  • 一般 400円
    中学生 150円
    65歳以上 200円

    ※小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料です。中学生は生徒手帳を忘れずに持って行きましょう。

  • 電車でのアクセス
  • JR中央線、地下鉄東西線、京王井の頭線、各線の「吉祥寺駅」から徒歩約10分

  • バスでのアクセス
  • 吉祥寺駅発(公園口丸井前)のバスの場合:
    小田急バスと京王バスは、丸井前の「吉祥寺駅」バス停から乗車。2つ目の「文化園前」下車
    ※2番乗り場の関東バス「三鷹駅行き」は、「文化園前」を通りませんのでご注意ください。

    吉祥寺行きバス(小田急バス、京王バス)をご利用の場合:
    「万助橋」の次の「文化園前」で下車
    ※平日午前7~10時と午後4~7時は「文化園前」に停車しません。「万助橋」で下車してください(徒歩5分)。

  • 自動車でのアクセス
  • 車で行く場合には駐車場は無いので近隣の有料駐車場を利用します。井の頭恩賜公園 第一駐車場またはジブリ美術館横の第二駐車場が近いですが、休日は満車になるかもしれません。

  • 自転車でのアクセス
  • 近くにお住まいで自転車で行きたいという方は動物園入り口前に駐輪場があります。

    スポンサーリンク

    井の頭自然文化園で出会える動物達

    井の頭自然文化園の目玉の一つであった「象のはな子」は残念ながら2016年に亡くなってしまいました。しかしまだまだ他にも可愛らしい動物がたくさんいます。

    アライグマやフェネックのような小さな動物や、ヤクシカ、カモシカ、ヤギなどのちょっと大きな動物、ちょっと珍しいところでアムールヤマネコなどもいます。

    動物園に入ったら右回りで見て回るのがおすすめです。

    まずモルモットふれあいコーナーで子供達にはモルモットを抱っこさせてあげましょう。

    体験できる時間は10:00~11:30と13:30~15:00の2回になります。もふもふで可愛いモルモットは大人しいので子どもにも安心です。

    その後、動物達を見ながら回ってスポーツランドという小さい遊園地の乗り物(有料)で遊んでもよいですね。メリーゴーランド、ティーカップのようなのんびり乗れる乗り物がいくつか設置されています。

    ランチはここか近くの芝生広場などでお弁当をいただくのもいいと思います。近くに「はな子カフェ」があるので温かい飲み物、食べ物はそこで買うことができます。

    さらに先に行くとリスの小径があます。

    そこではリスたちが自由に駆け巡っているのを見る事ができます。隔たりの無い場所に放たれたリスが近くに寄ってきてくれるかもしれません。自然のリスの動きは可愛らしくてしばらく見ていられますね。

    奥には展示館などもありますが、小さい子はあまり興味がないかもしれませんね。

    出口方向に向かうとぶらんこ広場があるので疲れていなければ子どもはそこでまた遊ばせても良いですし、もう一度みたい動物がいればまた見に行ってもよいですね。

    井の頭自然文化園の無料日は少し混雑、でも雨の日はチャンス

    井の頭自然文化園には入場が無料となる日があります。

    ・みどりの日 5月4日
    ・開園記念日 5月17日
    ・都民の日 10月1日

    ※こどもの日(5月5日)はすべての中学生が無料です。(「小学生以下」および「都内在住・在学の中学生」は5月5日にかぎらず無料)

    ゴールデンウィークの「みどりの日」や「こどもの日」はやはり多少混雑します。モルモットふれあいコーナーは行列になると思いますので早めに行った方がいいと思います。また、ランチタイム用にレジャーシートを持って行くと便利です。

    一方、雨の日はぐっと入場者数が減ります。ちょっとした貸切り状態です。

    温かい時期にちょっとした雨だったらお子さんには雨がっぱに長靴スタイルで行ってみてもいいかもしれません。

    空いているところでゆっくり見て回ることができますが、体が冷えないようにだけ注意してください。

    また、遊具などが使えない可能性があるので、そちらが主なお楽しみのお子さんには不向きかも。

    まとめ

    「井の頭動物園に子連れでお出かけ。動物との初めてのふれ合いに。」ということで井の頭自然文化園をご紹介しました。

    リーズナブルな価格で気軽に入ることができる都内の穴場スポットです。

    人もあまりいないので小さいお子さんと一緒でもゆっくりと見て回ることができます。

    まだ行ったことが無いという方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

    ↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    スポンサーリンク