飛行機に赤ちゃん用のミルクや水筒は持ち込める?どこで用意する?

今度、赤ちゃんを連れて飛行機で里帰り。

母乳とミルクを併用してるんだけど、機内に持ち込みできるのかな?

でも、飛行機への液体の持ち込みって、制限されてなかったっけ?

用意はどうすればいいんだろう?

と悩んでいるアナタに、赤ちゃん用のミルクの持ち込みについて解説します!

スポンサーリンク

飛行機内へのミルクの持ち込みについて

基本的には、飛行機には液体の持ち込みは禁止されています。

でも、赤ちゃんにはそんなこと関係ありません。フライト中も、ミルクを求めて泣きまくります。

ミルクを持って行かなければ、赤ちゃんにとっては死活問題。

でも、飛行機ミルクを持ち込むことはできるのでしょうか?

結論からいいますと、

飛行機内に、母乳も、ミルクも、お湯の入った水筒も持ち込むことができます!

乳幼児用の飲み物や離乳食であれば、液体物持ち込みの対象外なのです。
※赤ちゃんを連れていない場合は、これらの持ち込みはできません。

赤ちゃん連れで初めて飛行機に乗るお母さんも、これで安心ですね♪

機内で必要になる分量だけ、持ち込むことができますよ。

ただし、手荷物検査のときはちょっと面倒…

他の荷物とは分けて、検査員に「赤ちゃん用のミルクとお湯です。」と申告しなければなりません。

ミルクを溶かすためのお湯が入った水筒も持ち込めるのですが…検査のときに検査員が臭いをかぐこともあり、衛生的にはちょっと気になりますよね。

また、赤ちゃんを連れていると、おむつやおしりふき、おもちゃなど、荷物は多くなりがちです。

では、どうすればいいのでしょうか?

実は、お湯は機内でもらうのが正解なのです!

CAさんに哺乳瓶と粉ミルクを渡せば、ミルクを作ってもらうこともできますよ。

哺乳瓶を熱湯で簡単に消毒してくれる場合もあるようです。これはもう、頼むしかありませんね。

他にも、航空会社によって、フタ付きコップでの飲み物サービスや、おもちゃのサービスもあります。

事前に良く調べて、なるべく荷物を減らしてフライトに臨みたいですね。

機内でミルクを作ってもらうのが悪い…と思って、自宅でミルクを作ってから持って行こうと考える方もいると思います。

しかし、作り置きしたミルクは液体物となるため、機内持ち込みはできません。知らないと手荷物検査で没収されてしまうかもしれないので、覚えておきましょう!

スポンサーリンク

飛行機内でミルクを飲ませるタイミング

ミルクを飲ませるタイミングは、赤ちゃんのお腹が空いている時では?と思うかもしれませんが、飛行機内では違います。

飛行機に乗ると、大人でも「耳がキーン」としますよね。
もちろん赤ちゃんも、「耳がキーン」とするのです。
赤ちゃんが「耳抜き」するためには、ミルクや母乳を飲まなければなりません。

赤ちゃんにミルクを飲ませるタイミングは、

・離陸する前
・着陸態勢に入る前

の二回。

簡単にいえば、気圧が大きく変動するときに、赤ちゃんも「耳がキーン」となる耳鳴りになることがあります。このときにミルクをあげると耳鳴りを抑えることができます。

つまり、飛行機が上昇する前と、下降する前にミルクを飲ませるのがおすすめです。

着陸態勢に入る前はわかりにくいかと思います。

だいたい、着陸予定時刻の30分前から徐々に高度が下がりますので、このタイミングを狙いましょう。

CAさんに聞けば、ジャストな時間を優しく教えてくれますよ♪

初めて赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る時はとても心配ですよね。授乳も必要になるかもしれませんし、母乳で済むか、ミルクを作らなくていけないかでも用意が違ってきます。今回はそんな悩めるお母さんに授乳のタイミングをお話していきたいと思います。

まとめ

今回は、飛行機にミルクや水筒を持ち込めるか?や、ミルクを飲ませるタイミングはいつか?について解説してきました。

機内に母乳・ミルク・お湯の入った水筒を持ち込むことができるとわかって安心ですね。

これで赤ちゃんも空腹を我慢せずにすみます。

また、ミルクを飲ませるタイミングは、離陸する前と着陸態勢に入る前の二つです。

赤ちゃんが快適なフライトができるようにしてあげたいですね♪