飛行機での授乳のタイミングはいつがベスト?赤ちゃんと飛行機旅

飛行機での授乳のタイミングはいつがベスト?赤ちゃんと飛行機旅

飛行機に乗る時はやることも多いし何かと気を使います。

赤ちゃん連れだとさらに大変で、特に初めて赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る時はとても心配ですよね。

授乳も必要になるかもしれませんし、母乳で済むか、ミルクを作らなくていけないかでも用意が違ってきます。

今回はそんな悩めるお母さんに授乳のタイミングをお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

飛行機の離着陸時が授乳のタイミング?

授乳のタイミングですが、離着陸時の時が良いということを聞かれたことはないでしょうか。

初めて飛行機で赤ちゃんを連れて乗る方は、離着陸時がタイミング的に良いと聞いてちょっと意外に思われるかもしれません。

離着時に耳がキーンとなる、いわゆる「耳鳴り」なったりした経験はありませんか。

気圧の変化で起こる耳鳴りは赤ちゃんでも起こることがあります。

赤ちゃんは自分で耳抜きをすることができませんし、それを伝える方法もありません。

そのため、泣き出したりすることがあるのです。

授乳には耳抜きのには効果があります。

耳がキーンとなってしまうとツバをごっくんと飲んだり鼻をつまんだりして直したりしますよね。

授乳はそれと同じように耳抜きの予防にもなるるのです。

そのため、気圧の変化の大きい離着陸時が授乳のタイミングとしては適しているということになるんですね。

大人でも離着陸時のとき耳がキーンとなる人とならない人がいます。

赤ちゃんでも耳鳴りにならないお子さんなら問題ありませんが、あらかじめ分かる訳でもないので、授乳のタイミングを離着陸時に合わせておけば耳鳴りを予防してあげることができます。

授乳が終わって少しでも赤ちゃんが寝てくれたら、お母さんもその間は少し休めますので、ずっと楽になると思います。

国内線くらいの飛行時間であれば、寝てくれている時間で乗り切れるのではないでしょうか。

また、搭乗時にCAに授乳することを伝えておくとよいですよ。

いろいろと気遣って手助けしてもらえます。

スポンサーリンク

飛行機内の授乳はどこで行う?

母乳なら問題ないですが、ミルクを作った哺乳瓶は何本持ち込めるのかは確認しておきましょう。

粉ミルクの場合はCAさんにお願いすれば、ミルクを作ってもらえます。お湯を持ち運ぶ必要はありませんが、魔法瓶に入れての持ち込みは可能です。

ミルクの持ち込みについてはこちらの記事もご覧ください。

赤ちゃんを連れて飛行機で里帰り。母乳とミルクを併用してるんだけど、機内に持ち込みできるのかな?でも、飛行機への液体の持ち込みって、制限されてるよね?用意はどうすればいいんだろう?赤ちゃん用のミルクの持ち込みについて解説します!

授乳する場所ですが、ベビールームなどは飛行機内にはありませんので座席に座った状態での授乳になります。

それほど混雑していない便なら一列使えるのが理想です。

一列使えるのが無理なら搭乗手続きのときにチェックインカウンターで隣は女性にしてもらえるかお願いしてみましょう。

座席は通路側か後ろの席がよいです。後ろの席は降りる時もゆっくり降りるため、余裕を持って支度をすることができます。

まとめ

赤ちゃんを連れての飛行機への搭乗、そして授乳は通常より気を使って乗る必要があることが多いということがわかりました。

授乳のタイミングは離着陸時にあわせて行いましょう。

また、ミルクを作る時は自分だけで頑張って作らなくても、CAさんに声をかければ作ってくれます。

一人何でもするのは大変ですから、このようなサービスはぜひ利用してくださいね。