双子のお宮参りの初穂料はいくら?熨斗袋の書き方や着物の用意。

双子の赤ちゃん

赤ちゃんの誕生そしてお宮参りの準備と出産後も忙しいところですが、双子の赤ちゃんの場合はどのような違いがあるのでしょうか。

祈祷の初穂料はどうするのか?熨斗袋の書き方は?

赤ちゃんの着物の準備など双子ならではの疑問をまとめてみました。

スポンサーリンク

双子のお宮参りの初穂料はいくら?

赤ちゃんが一人の場合の初穂料は5000円~10000円が相場といわれています。

神社によってあらかじめ決めているところもありますし、お気持ちでというところもあります。

初穂料が決められている場合は金額によって祈祷内容やお持ち帰りのお祝いの品が多くなるような設定がある場合もあります。

お宮参りの予約の際に初穂料をいくら納めればよいかを神社に確認しておきましょう。お宮参りの予約ができない神社もありますが、電話で聞くことはできますので確認はしておいてください。

お気持ちでという場合は5000円~1万円を納めますが、双子の場合は単純に2倍にすれば良いでしょう。双子割り的な考えもありますが、祈祷は二人分していただきますので、そこは2倍で考えておいたほうがすっきりするのではないでしょうか。

お宮参り初穂料の熨斗袋の書き方 双子の場合は

お宮参りの初穂料は熨斗袋に入れて納めます。

熨斗袋は花結び(蝶結び)の水引きの付いたものを選んでください。

表書きには上段に「初穂料」、下段に赤ちゃんの氏名を書きます。

お宮参りの熨斗袋

双子の赤ちゃんの場合は連名でも良いですが、個人的にはそれぞれに用意してあげるのが良いかなと思います。

表書きはボールペンなどは使わずに筆か筆ペンで書くようにします。

お金は中袋に入れますが、まず新札を用意し向きを揃えて入れておきます。

このとき顔の絵が袋の上側、前面に来るように入れます。

先にお金を入れておくことでうっかりお金の入れ忘れということを防ぐことができます。

中袋には表面に入れた金額、裏面には住所、赤ちゃんの氏名を書いておきます。

金額は5千円の場合は金伍千円といった感じに記載します。数字は壱、弐、参というふうに大字で書きます。

こちらの記入はボールペンでも大丈夫です。
中袋

中袋が用意できたら、熨斗袋に入れて水引きで封じます。

お宮参りなどの慶事の場合は熨斗袋の下側が上に重なるように閉じてください。

熨斗袋裏

熨斗袋を使わずに白封筒で済ませる場合は次のように書きます。

表:表書きと赤ちゃんの氏名
裏:住所と金額

初穂料はお祓いを受ける前に、社務所や受付に渡しておきます。

スポンサーリンク

双子のお宮参りの着物はどうする?

赤ちゃんに着せるお祝い着の定番としては、男の子の場合は羽二重の紋付で鷹や鶴が描かれた熨斗目(のしめ)模様、女の子はちりめんの花柄や友禅模様の祝い着を着せてあげます。

しかし一生に一度しか着ないものですから新しいものを購入するよりはレンタルで考えた方が良いのではと思います。

特に双子の場合は費用も2倍かかりますからお揃いで用意してあげるのが良いのではないでしょうか。

着物以外にも最近はベビードレスとケープというのが人気のようですので、レンタルでそのようなものを選ぶこともできます。

フォトスタジオで衣装をレンタルすれば撮影とのセット料金にもなりますので上手に利用してみてください。

撮影日はお宮参りと別日にも設定できると思いますので、赤ちゃんやお母さんの体調も考慮して決めると良いですね。

まとめ

「双子のお宮参りの初穂料はいくら?熨斗袋の書き方や着物の用意。」ということでまとめてみました。

双子の赤ちゃんということでその分の苦労もあると思いますが、喜びも2倍かそれ以上になると思います。

素敵な思い出になるお宮参りにしてくださいね。

↓↓記事がお役に立ちましたら応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク