結婚式の席次表 肩書きはどう書く?従兄弟の嫁の場合

結婚式の席次表 肩書きはどう書く?従兄弟の嫁の場合

席次表の肩書き 従兄弟の場合

結婚式の準備は、決めることが多くて大変!

親戚がたくさん来てくれるんだけど、席次表の肩書きはどうしたらいいの?

「いとこ」って、色々漢字があるんだよね?いとこの配偶者や子供は、どうやって書けばいいんだろう…

とお悩みのアナタに、結婚式の席次表の書き方を解説します!

スポンサーリンク

席次表の肩書き いとこの配偶者の場合の書き方

まずは、ご存知かもしれませんが、「いとこ」の漢字の説明からしていきましょう。

なんと、「いとこ」の漢字は11種類もあるのです。

いとこの表記の仕方
従兄:自分より年上、かつ男性のいとこ
従弟:自分より年下、かつ男性のいとこ
従姉:自分より年上、かつ女性のいとこ
従妹:自分より年下、かつ女性のいとこ
従兄弟:自分より年上と年下の男性同士のいとこ
従姉妹:自分より年上と年下の女性同士のいとこ
従兄妹:自分より年上の男性と、年下の女性の男女のいとこ
従姉弟:自分より年上の女性と、年下の男性の男女のいとこ
従兄姉:自分より年上の男女のいとこ
従弟妹:自分より年下の男女のいとこ
従兄弟姉妹:いとこ(親の兄弟姉妹の子供)全般を指す

自分よりも年上・年下か、また男性・女性かによって、漢字を使い分けます。自分といとこが同じ年齢の場合、誕生日が早い方を兄・姉としてください。

「いとこ」の漢字はたくさんありますが、結婚式の席次表では、
・従兄
・従弟
・従姉
・従妹
の表記を使うことがほとんどです。

そして、悩むのが「いとこ」の配偶者の肩書きだと思います。

いとこの配偶者の表記の仕方
・年上の男性のいとこの配偶者→従姉
・年下の男性のいとこの配偶者→従妹
・年上の女性のいとこの配偶者→従兄
・年下の女性のいとこの配偶者→従弟

いとこの配偶者の席次表の書き方は、いとこの配偶者の年齢に関係なく、いとこと自分の年齢によって決まります。

もし、ある女性(30歳)に、従兄(35歳)とその妻(28歳)がいた場合、妻の肩書きは「従姉」になります。

この決め方は、自分の兄弟姉妹の配偶者の肩書きの書き方と同じですね。自分に兄がいる場合、兄の妻が自分より年下であっても、「義理の姉」となります。

※地域によって、書き方が異なる場合があるので、確認してみてください。

スポンサーリンク

席次表の肩書き 従兄弟の子の場合の書き方

もう一つ悩むのが、「いとこ」の子供の肩書きですよね。

いとこの子供の表記の仕方
男の子→従甥
女の子→従姪

従甥は、「いとこおい」または「じゅうせい」、

従姪は、「いとこめい」または「じゅうてつ」と読みます。

ありがちな間違いとしては、「いとこのご令息」や「いとこのご令嬢」としてしまうことです。

友人や来賓のお子様であれば、「ご令息」や「ご令嬢」でOKです。しかし、いとこの子供は親族なので、あらたまった敬語表現をするのはNGになります。

ミスがあれば、プランナーさんが指摘してくれるとは思いますが、自分たちでもマナーはよく確認しておきましょう。

ちなみに、「おじ」も「伯父」と「叔父」の二つの漢字があることをご存知ですか?
「伯父」は、自分の親よりも年上の男性、つまり兄のこと。
「叔父」は、自分の親よりも年下の男性、つまり弟のことです。

同じように、「おば」も、自分の親よりも年上・年下かで「伯母」と「叔母」を使い分けます。

自分の結婚式を機に、冠婚葬祭のマナーを覚えられるといいですね。

まとめ

いとこの配偶者や子供の、結婚式の席次表の肩書きについて、いかがでしたか?

自分といとこの年齢と、性別によって、肩書きが変わるのでしたね。

書き方を間違えると、大変失礼にあたってしまいますので、席次表が完成したら、何度も見直しをしましょう。

特に、名前は絶対に間違えてはダメですよ!

結婚式が無事に迎えられるといいですね♪

昔からの憧れだった結婚式をついに挙げることになった!昔お世話になった人を呼びたいけれど、披露宴の席次表の肩書きは、どうすればいいの?今回は、席次表の肩書きで悩んでいるアナタのために、お世話になった人や友人とその家族の書き方についてお話ししていきます!